カエルナラは、中古車の個人売買および個人間交換を支援する専門サイトです。

ご利用案内

トラブルに巻き込まれないために:個人売買の虎の巻【買う】

試乗が可能であれば、買い手の方は必ず試乗をいたしましょう。 また、現車は外装以外に下回り、エンジンルーム、トランク等、見れる箇所は必ず確認を いたしましょう。そうしておけば万一何かあっても自分自身が納得できるのではないでしょうか。 車は機械です。売買は人がするものです。双方気持ちの良いお取引をいたしましょう。

車両の引渡し時のトラブルに巻き込まれないために

車両の売買がまとまり、あとは車を渡すのみとなった場合、いつ車を渡せばよいのでしょうか。売主、買主共フィフティーな立場でお考えいただければと思います。
お店で品物を購入される場合には、必ず現金と引換が鉄則です。
車の場合も同じことがいえます。この手順を間違えてしまうと車、書類、金銭のトラブルの発生要因となってしまいますので注意が必要です。

車両引渡し時の注意点 相対にて(車両+書類)と(現金)の引換が一番トラブルが少ない方法です。
遠方の場合は自動車陸送会社へ委託をされる場合など、直接相手に手渡しができません。このような場合など先に入金をするのか、後で入金をするのかが課題となりますが、一般的には 陸送会社へ手配をおこない、実際に車両を陸送会社へ渡す前までに入金をし、同日書類を発送するのが一般的な方法です。
陸送会社にて名義変更まで依頼をされる場合には、書類は全て事前に委託するので、届けられた時には全て完了しているので安心です。インターネットオークションなどで購入された場合などはWebサイト運営者側が斡旋している仲介業者などを利用するのも良いかもしれません。 どちらにしましても車両の受渡しはとくに決められている訳ではありませんので、双方がなっとくできる形で決められるのがよいかと思います。
最終の車両の受渡し 車両の受渡しは 買主本人へ直接渡すことが原則です。相対でも、陸送会社経由ででも「代理人」などを介さず渡すようにしましょう。
自動車などの高額なものは、思わぬ詐欺でトラブルになってしまう場合もあります。

修復歴(事故車)に関連するトラブルに巻き込まれないために

車の場合、一番の問題になるのは自動車の修復歴です。
修復の度合いにより、査定(価値)額が大幅にかわってしまう部分ですので、少々手間でも覚えていただくとをお勧めします。

修復歴・事故車の定義とは? 自動車の場合、「修復歴」とは車両の骨格の部分、つまりフレームやシャーシーなど車の強度を保つ部分に影響を及ぼし、交換や修正をした経緯があるものについて呼ばれます。例えば、事故により骨格部分に影響を及ぼすと事故歴車になり、その損傷を修復すると修復歴車になります。
その損傷がその外側部分だけであれば、例えばフェンダーやドアだけであれば、事故歴車になりませんし、交換しても修復歴車にはなりません。
ただの交換、板金でしかありません。車が走行する事に関して影響がないためなのです。
車両状態の提示の重要性 相手が専門業者であれば、車を診て判断をしてもらえますが、個人が相手の場合、相手に「車両の状態」を伝えなければなりません。相手が安心して商談ができなければ、交渉がスムーズに進みません。安心をPRするためにも、カエルナラの査定サービスをぜひご利用ください。また、修復歴がなければ契約時に瑕疵責任の項目にて、一筆加えるのも安心材料になるのではと思います。売買は安心無くして成立はいたしません。
修復歴車のリスクとは? 万一、修復歴の内容にてトラブルになってしまった場合には、内容の確認が第一ですが、相互理解の上の和解は難しいとも思われます。個人売買の場合には、消費者契約法は適用になりませんし、公取も関与できないのが実状です。
一部の詐欺行為について 金銭の関わる事柄には、必ず詐欺に準ずるようなことがらが介在します。 一部業者には個人取引を狙った詐欺行為が存在します。なんでも有りのような取引の場合には簡単な分、リスクが増えると思った方がよいでしょう。 また、業者だけでなく、個人でも公的証明書(免許証)などの確認をすることが大切です。

取引後(受け渡し終了後)のトラブルに巻き込まれないために

外装の傷、ヘコミなど 車で一番大切のは外装周りです。
買い手の方は、新たに購入する車を楽しみにしています。そんな矢先に「ボディーに傷がある」「ボンネットがへこんでいる?!」など想定外の問題によるクレームがあります。
これは、双方が 現車を厳密に確認しないで話をされている場合が多いのです。
中古車の場合、どうしても 小さなキズ、ヘコミ、塗装トビ、などが必ずあるものです。 逆にない方が不思議なくらいです。買い手の方も出来るだけ細かいチェックを行い、売り手の方も出来るだけ細かく説明しておきましょう。また、現車をみることが出来ない場合は 売り手の方はこうしたトラブルを防ぐ意味でも、気になりそうな箇所を写真で伝えるようにしたいものです。
こうしたクレームはちょっとした気遣いで回避することができるかと思います。
代金を精算した後の故障 実際に車両の名義変更、精算も終了し受渡しをした後、運転中に車が止まってしまった!などのトラブルが発生し、予期せぬ修理が発生した場合など、売り手も買い手も双方険悪な思いをされる場合がございます。特に受渡し直後に発生する場合が多々あるようです。
瑕疵担保責任とは? 売買の対象物に隠れた瑕疵(外部から容易に発見できない欠陥)がある場合、売主が買主に対してその責任を負うことを「瑕疵担保責任」といいます。
 隠れた瑕疵があった場合、買主は、売主に対して契約解除や損害賠償の請求を主張することができます。
なお、契約解除や損害賠償の請求ができるのは、買主が契約の際に瑕疵の存在を知らなかった場合で、かつ、知らなかったことについて買主に落ち度がない場合となります。
一般的に、構造部分の欠陥や建物の雨漏りなどが隠れた瑕疵に該当します。また、法律上、瑕疵担保責任は、引渡を受けてから10年以内かつ瑕疵を知ってから1年以内に追及しなければならないとされてい ます。
しかし、中古物件の取引の場合には、個人売買に限り 契約による免除があります。要するに自動車売買契約書を交わした場合、瑕疵担保責任については「一切の瑕疵を負わない」という旨が記載されていれば、買主が売主に対して瑕疵の責任を問うことが出来なくなります。
故意による隠匿・責任の所在 売買においては個人・業者を問わず、重大な欠陥・故障を知っていながらあえて買主にそのことを告知せずに売却した場合、瑕疵担保責任の免除に関わりなく 責任を取らなくてはいけません。

名義変更時のトラブルに巻き込まれないために

行政書士へ依頼するメリット 名義変更をなされる場合、売主、買主の方双方に公的な書類作業が付随します。
チョットした書類記入ミスにより、相手から再度書類に印鑑をついてもらわなければいけない状況が発生したりすることもあります。そうしたリスクを考えますと専門職の行政書士の方や、代行屋の方に依頼するものよろしいかと思います。
カエルナラの有料オプションでは、安心・便利な「名義変更(行政書士による)手配サービス」をご用意しております。ぜひご利用をご検討ください。
遠方などの取引時の注意点 県外など遠方取引の場合などは、第三者の業者へ委託する方法もございます。
よく利用されるのは、自動車輸送会社です。
カエルナラの有料オプションでは、安心・簡単な「配送業者手配サービス」をご用意しております。ぜひご利用をご検討ください。

税金類のトラブルに巻き込まれないために

自動車税・自動車取得税 自動車取得税とは、新しく車を取得した際、名義変更時に運輸支局県税窓口にて収める税金のことです。新車登録をしてから約5年程でかからなくなりますが、新車価格によっては必要となる場合がございます。
自動車税は、公的領収書にて簡単に確認できます。「自動車納税証明書」を確認できれば問題ありません。またナンバーが変わるような場合で車検が間近の場合には、必ず「継続検査用証明書」をいっしょに受け取りましょう。
よくあるトラブルは、車両代と税金だけ払えばあとはかからないと思われている場合です。名義変更手続きをする場合には、課税金額を支払らわなければ名義変更する事ができません。
また、一定の期間内であれば名義変更の都度・何度でも納税義務が発生します。事前に車検証の内容にて確認されることをお勧めします。

ご利用案内トップへ