カエルナラは、中古車の個人売買および個人間交換を支援する専門サイトです。

買いたい人に 賢い購入のためにこれだけは知っておきたい

読み物 > 個人売買徹底ガイド > 売りたい人に 愛車を人に譲るためのノウハウ > ちょっと手を加えると見映えはグーンとアップ

ちょっと手を加えると見映えはグーンとアップ

売るクルマの身支度を整えよう

愛車を売ると決めたら、少しでも売れやすいようにちょっとだけ手をかけてやるといいでしょう。一手間かけるだけで買い手の印象は大きく変わるので、ここで手間を惜しまない方がいいでしょう。

まずは洗車。ボディの塗装面は念入りに洗ったり、こだわりのワックスがけなどをする必要はありません。それより、普段手を抜きがちなところをしっかりと洗ってやりましょう。ホイールのスポークのあいだとか、あるいは車内を大掃除するといったことです。インテリアの汚れというのは、オーナーは感覚が麻痺してしまっているところがあって、ダッシュボードにホコリが積もっていても、ハンドルに手垢が付いていても、普段は気づいてすらいなかったりします。しかし、買い手はそういったところを見るものです。

それと、買い手が実車確認をする場合、必ず見るのがエンジンルーム。本当はエンジンルームがホコリをかぶっていようがその車両のコンディションとは関係ないのですが、印象は大きく変わります。あまり汚く見えるようならスプレー式の中性洗剤を吹きかけて、ホースの水で洗い流す程度の掃除をしておくといいでしょう。これでもかなりキレイになるし、この程度の掃除なら電装系などにもダメージも無いはずです。高圧の洗浄ガンは使わないほうがいいでしょう。

次に、社外アクセサリーやドレスアップパーツなどはできるだけ取り外して、可能な限り新車の状態に戻します。車内に自分で取り付けたカップホルダーや芳香剤などは外し、車外にステッカーなどがあれば剥がします。社外品のエアロパーツなどもできれば外したいところですが、難しそうならヘタに手出しをしないほうがいいでしょう。

いずれにしても、社外パーツはどんなに自分が気に入っているものであっても、買う人にとってはマイナス要素となってしまうものです。例外はETCやカーナビ(新しい物に限る)で、これらは社外品の後付けであってもマイナス要素にはなりません。また、アルミホイールも、よほど個性的なデザインでない限り、社外品でも印象を悪くすることはありません。

車内も大掃除

洗車をするのはもちろんですが、車内も大掃除しておくべきです。

アクセサリーは全て取り外す

携帯ホルダーなどのアクセサリーは全て取り外し、すっきりさせておきます。

キズはそのままにしておく

お金をかけないと直せないようなキズはそのままにしておきます。修理してから売っても、修理代の分だけ高く売れることはまずありません。

ポイント

  • できるだけノーマルの状態に戻す