カエルナラは、中古車の個人売買および個人間交換を支援する専門サイトです。

予備知識として知っておきたい 一般的な自動車流通

読み物 > 個人売買徹底ガイド > 予備知識として知っておきたい 一般的な自動車流通 > 一般論では決まらない程度や寿命

一般論では決まらない程度や寿命

自動車の寿命は人気しだい

よく「うちのクルマもそろそろ寿命だから買い換えなきゃ」という話を聞きます。おそらくそれは、クルマが古びてきて気に入らないから、新しいクルマが欲しいという意味なのでは。実際には、クルマの寿命など、あってないようなものです。

かつては、10年10万キロが寿命のひとつの目安とされていましたが、現在では車齢10年以上の中古車は全く珍しくありません。10万キロ以上走行した中古車も同様です。昨今のクルマは、適切なメンテナンスさえされていれば、その程度で寿命が来ることはありません。

ではどうなったら寿命と判断するかというと、それはその車種の人気と維持費(主に修理代)で決まります。どんなモデルでも古くなればそれなりにメンテナンス(点検・修理)費用はかかります。人気のある車種は、どんなに古くても売れます(買いたい人がいるので値段が付けられます)。しかし不人気の車種は、費用をかけて修理しても値段が付かないため修理代が無駄になります。そこで修理せず廃車にしてしまえ、ということになります。つまり人気モデルは、何十年経っても整備されて、売られ続けます。

中古車の程度とは

中古車というと、程度がいつも問題になります。一般的には、年式が古く、走行距離の多い車両は程度が悪いということになりますが、実際にはそうとはかぎりません。中古車の程度は、それまでの使われ方とメンテナンスで決まります。

車庫に保管され、渋滞のない道を多く走り、頻繁にメンテナンスされた車両であれば、どんなに古くて走行距離が多くても、程度良好なことが多いものです。逆に、青空駐車で最低限の車検整備しかせず、渋滞や短距離の走行ばかりの自動車は痛みが早く進みがちです。

ただ、ほんとうの意味での程度は素人にはなかなか判断しにくいのも事実。そして、多くのケースではやはり年式や走行距離にある程度比例するのも事実です。新しくて走行距離の少ない車両はやはりひとまず程度がいいと考えるべきでしょう。