カエルナラは、中古車の個人売買および個人間交換を支援する専門サイトです。

予備知識として知っておきたい 一般的な自動車流通

読み物 > 個人売買徹底ガイド > 予備知識として知っておきたい 一般的な自動車流通 > 市場価格の決まる要素

市場価格の決まる要素

買い取りと下取りはどう違う?

買い取りとは読んで字のごとく、クルマを現金で買い取ることです。また下取りはクルマを売る場合に、買ってくれた人のクルマを引き取ることで、一般に下取り額は販売車両代金の一部に当てられます。かつてはこれが主流でした。

しかしオートオークションが発達したことにより、売るだけ、あるいは買うだけのビジネスが成立するようになりました。オートオークションでは人気モデルを取り合う傾向があるので、人気モデルを高値で買い取ってはオークションに出品するビジネスも成立し、現在のように買取専門店が台頭してきたわけです。

よく、買い取りと下取りの査定額の違いが話題になりますが、システムとして買取専門店が特別に高く買える秘密があるわけではありません。しかし、下取りをしなくても販売で利益が出せる中古車店と違って、買取店は買い取りをしないと利益になりませんから、下取りより高めの値段を提示する事が多いようです。

流通でかかる経費とは?

次に、中古車流通における利益の話です。下取/買取価格は安いのに、店頭に並ぶと高くなるのは、中古車店が儲け過ぎているからなのではありません。オートオークションで中古車を仕入れると、その時点で、すでに中古車をオークションに出品した中古車店の利益、およびオートオークションの利益が乗せられています。しかも、価格は競り合いで決まりますから、割高な仕入額になってしまう場合もあります。また、落札した中古車の輸送費用などもがかかるでしょう。

さらに仕入れた中古車は、そのまま店頭に並ぶわけではありません。中古車店にとって仕入れた中古車は「素材」であって、それを「商品」にまで仕上げなければならないのです。まずは内外装の徹底したクリーニング。凹みや傷があれば板金修理をする場合もあります。次に各部を点検して故障があれば修理します。取り付けられた社外パーツを取り外してノーマルに戻すといった作業が加わる場合もあります。

こうして「商品」として仕上がった中古車が店頭に並ぶのですが、その際に、当然ながら、商品に仕上げるための経費と、中古車販売店の利益が上乗せされます。さらに中古車販売は在庫を抱えないと成立しないビジネスなので、仕入れ資金の金利や保管場所代金など、さらに経費がかかるのです。保証をつければそのリスクも大きな負担です。下取り額にかなりの上乗せしないと、中古車店は赤字になってしまいます。