カエルナラは、中古車の個人売買および個人間交換を支援する専門サイトです。

買いたい人に 賢い購入のためにこれだけは知っておきたい

読み物 > 個人売買徹底ガイド > 買いたい人に 賢い購入のためにこれだけは知っておきたい > 業者の利益がない分、個人売買は得

業者の利益がない分、個人売買は得

個人売買で買うことのメリットとデメリット

中古車を買うといえばディーラーや中古車専売店で買うのが一般的です。でも、そうした業者の扱う中古車には、経費や利益、さらにその仕入元の経費や利益などが上乗せされています。しかし、個人売買ではそういった費用が必要ないわけで、中古車を安く買えることになるのです。このように個人売買の最大のメリットは、高額な買い物であるクルマをとにかくお値打ちに手に入れられることでしょう。場合によっては何十万円も得することがあります。そんな売買を何台も繰り返したら、驚くような大金をセーブできるはずです。
またマニアックなクルマは個人売買で売られることが多く、そうしたクルマを手頃な価格で手に入れやすいことも個人売買のメリットでしょう。

もちろん、個人売買はいいことばかりではありません。例えば、商品車と比べれば流通量が少ないので、希望通りの中古車を探すのは難しくなるでしょう。また、現状渡し(保証なし)が基本なので、もし壊れたとしても自己責任となりますから、様々な点をチェックする必要があります。でもこれはなかなか難しいことです。

またローンを組むことが難しいことも問題かもしれません。銀行、農協などの金融機関に相談すれば個人売買でも自動車ローンを借りられることがありますが、一般的には難しいことが多いようです。

それともう一つ、個人売買では何かと手間がかかるのもデメリットです。売り主が遠隔地なら現車の確認や引き渡しに手間がかかりますし、自動車の譲渡に関わる手続き(名義変更)を自分で行う手間もかかります。名義変更は販売店で買うなら販売店がやってくれます(もちろんお金はかかります)が、個人売買では売る人ではなく買う人がやるのが普通です。そのためには平日に陸運支局(http://annai-center.com/unyu/)に行くとか、事前に車庫証明を取得するといった手間もかかります。

ポイント

  • 個人売買なら程度のいい中古車を安く買える
  • 事前のチェックが重要
  • 引き渡しや手続きなどで手間がかかる