シトロエン創立100周年記念特別仕様車、ヴィンテージ感と冒険心溢れるブロンズがアクセントの C3エアクロスSUVオリジンズ 発売

news

190926CITROEN_C3AIRCROSS_ORIGINS_01

プジョー・シトロエン・ジャポンは、10月1日よりシトロエン創業100周年を記念した特別仕様車の第3弾となる『C3エアクロスSUVオリジンズ』を全国のシトロエン販売店にて発売する。

2019年の今年、創業100周年を迎えたシトロエン。1919年にアンドレ・シトロエンが自動車を作りはじめて以来、その一世紀の歴史は、人々の”移動の自由”と”自由な移動”を支え、それをコンフォート(快適)なものとするための開発と探求の積み重ねだった。歴代すべてのシトロエンに通奏低音として流れているものは、これらにあるといえ、現在日本市場でも展開しているシトロエンもまた、その例外ではない。

今回発売されるC3エアクロスSUVオリジンズは、今年7月に日本でのデビューから好調なセールスを記録し早くも人気モデルとなっている『C3エアクロスSUV』に、ブランドの初代ダブルシェブロンをモチーフとした100周年記念ロゴマークと、ヴィンテージ感溢れるブロンズのテーマカラーを内外装にちりばめた2019年のみに製造される特別仕様車だ。C3エアクロスSUVが持つ、ポップなかわいらしさの中に、シックなカラーアクセントが融合し、独自の魅力を持つモデルとなっている。

ベースとなったC3エアクロスSUVはコンパクトなボディの中にシトロエン独自の哲学、アドバンストコンフォートが息づく快適な室内空間とライフスタイルにあわせて活用できるフレキシブルなスペースを持ち”冒険は、空間から始まる。”をキャッチコピーとしたSUVだ。ヴィンテージ感あるブロンズカラーをアクセントに添えたC3エアクロスSUVオリジンズは、創業者アンドレ・シトロエン時代の1922年から翌年にかけて行われた自動車として初のサハラ砂漠横断、1931年から32年にかけてのアジア大陸横断などの古き良き時代の冒険譚を想起させるものともいえる。

なお、C3エアクロスSUVオリジンズは装備面ではC3エアクロスSUVの「シャイン」をベースとして17インチアロイホイール、グリップコントロール、カラーマルチファンクションディスプレイ、リアロールアップブラインドを追加している。

価格は295万4000円。

カエルナラトップページに戻る