限定車「フィアット500/500C 120thタキシード」を発売

news, newsita

front-1

FCAジャパンは、フィアット『500/500C』に、ブランドの創業120周年を祝う限定車の第2弾となる「120thタキシード」を設定し、9月19日より、全国のフィアット正規ディーラーにて計285台限定で販売する。

フィアットの120周年を記念する限定車「500 / 500C 120th タキシード」は、フォーマルな場で着用するタキシードにインスピレーションを受け、そのドレッシィな装いをカラーリングで表現すると共に、名称にも採用したモデルとなる。

限定車は、3層仕上げのパールペイント、アイスホワイトをベースに、ルーフならびにピラー、ドアミラーをブラック仕上げとしたビコローレ(2トーン)のボディカラーを取り入れ、フォーマルな雰囲気を演出している。しかも通常のビコローレとは異なり、各ピラーの付け根の部分から色が切り替わる特別な配色となっている。

エクステリアではこのほか、アクセントカラーとなるブロンズのクロスメッシュデザインを採用した専用16インチアルミホイール、ならびに専用120周年記念バッジが装備され、上質な雰囲気が引き立てられている。

さらにインテリアは、ブラックのインストルメントパネルや縦ストライプを特徴とする専用ファブリックシートにより、通常のモデルとは一味違う、ブラックを基調としたシックな雰囲気に仕立てられている。

なお限定車は装備が充実した1.2リットルエンジン搭載モデル「1.2ラウンジ」をベースとしており、バイキセノンヘッドライトやフルオートエアコン、Beatsオーディオシステム(500のみ)、リアパーキングセンサー、ガラスルーフ(500のみ)などを標準で備えている。

500 120th タキシードは限定185台で価格は264万1091円(10月1日より269万円)、500C 120th タキシードは限定100台で283万7455円(同289万円)。

カエルナラトップページに戻る