限定車 ジープ ラングラー アンリミテッド オーバーランドを発売

news

JL_overl_main

FCAジャパンは、ジープの本格オフローダー『ラングラー』に、内外装を上質に仕立てた限定車「アンリミテッド・オーバーランド」を設定し、9月8日より、全国のジープ正規販売店を通じて100台限定で販売する。メーカー希望小売価格は585万2000円。

ラングラー・アンリミテッド・オーバーランドは、高い走破性を誇るラングラーの基本性能はそのままに、限定車オリジナルパーツなどを付加し、プレミアム感を高めた限定車だ。

ベースとなったのは、2019年3月にラインアップに加わった4ドアの上級グレード「アンリミテッド サハラ 2.0L」で、LEDヘッドライトや8.4インチタッチパネル付オーディオナビゲーション、サブウーハー、車両周辺の障害物の確認を支援するパークセンス フロント・リアパークアシストなどを標準装備している。

限定車ではさらに、シルバーアクセントをあしらったフロントグリルおよびヘッドランプゼベル、シルバーのドアミラーカバー、限定車専用の18インチアルミホイール、現行JL型ラングラーでは初採用となるハードタイヤカバー(Jeepロゴ入り)、OVERLANDバッジを備え、上質感が一層高められている。

またインテリアには、OVERLAND刺繍入りのレザーシート(フロントシートヒーター付)やMopar製ハードトップヘッドライナーが特別装備される。Mopar製ハードトップヘッドライナーは、車内を上質に演出するだけでなく、夏場は断熱効果、冬場は保温効果があり、快適性の向上にも寄与する。

なお限定車のボディカラーはブラックC/Cで、内装色もブラックとなる。

カエルナラトップページに戻る