特別仕様車 308/308 SW GTライン ブラックパック発売

news

190903_308GTLineBlackPack_01

プジョー・シトロエン・ジャポンは、9月3日よりプジョーブランドのハッチバック『308』の特別仕様車として「308/308 SW GTライン ブラックパック」を発売する。

308は、その優れたハンドリング、乗り心地、ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンの環境性能と燃費性能、ハッチバックとステーションワゴンのユーティリティなどでフランスはもとより欧州を代表するハッチバック。同時に日本のマーケットにおいてもプジョーの販売の一角を担う重要なモデルであり、2018年実績でプジョーブランドの国内販売比率の約24%を占める人気車種となっている。

今回投入される特別仕様車308 GTライン ブラックパックは、そんな308の持つ魅力はそのままに、さらにスポーティーネスを高め、精悍さを強調した特別仕様車だ。新開発の1.5リットルクリーンディーゼル(DV5エンジン)を搭載して人気の上級グレード「308 GTライン」をベースとし、ブラック基調の各エクステリアパーツとブラック18インチアロイホイールを装備したモデルとなる。

なお、ボディカラーはパールホワイト、マグネティックブルー、ペルラネラブラック、そしてハリケーングレーの4色展開となる。

価格は5ドアハッチバックが338万円、ステーションワゴンが362万8000円。

カエルナラトップページに戻る