新型BMW 1シリーズ発表

news

P90349558_highRes_the-all-new-bmw-1-se

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMWの最もコンパクトなモデルでありながら、優れた走行性能と機能性を備え、高い評価を得てきたモデルの第3世代となる新型BMW 1シリーズを、全国のBMW正規ディーラーにて、8月29日より販売を開始し、11月以降に順次納車を開始する予定だ。

新型BMW 1シリーズは、BMWとして日本初導入となるタイヤスリップコントロールシステム(ARB)を採用するなど、高い走行性能を実現するとともに、前輪駆動方式の採用により広い室内空間を確保することで、一層機能的なモデルとなっている。

今回、運転支援機能として、新たにレーンチェンジウォーニング、後部衝突警告機能、クロストラフィックウォーニング(リア)、スピードリミット情報表示機能が追加されたドライビングアシストを標準装備(118iを除く)している。さらに、直近に前進した50mの軌跡を記憶し(35km/h以下の場合)、その軌跡通りに後退する際に、ステアリング操作を自動で行う「リバースアシスト」を備えたパーキングアシストを全車に標準装備している。オプションのナビゲーションパッケージ(M135i xDriveは標準装備)を選択すれば、会話のみで車両の操作や、情報へのアクセスが可能となるBMWインテリジェントパーソナルアシスタントが装備され、機能性と操作性を大幅に向上している。

デザイン面では、大型化し中央部が連結した新世代デザインのキドニーグリルと、くっきりとしたデザインの4灯ヘキサゴナルLEDヘッドライトを採用することで、より若々しくスポーティな個性を際立たせている。無駄を省き、くっきりとしたプレスラインを引いたサイドボディは、リヤホイールを強調するような力強いシルエットをまといながらも、全体として端正な印象を与えている。リアは、低重心なシルエットに、新デザインのL字型テールライトが印象的なアクセントとなっている。

新型BMW 1シリーズには、日本のBMWとして初となるARBが搭載されている。ARBは、エンジンコントロールユニットで直接スリップ状況を感知し、ダイナミックスタビリティコントロール(DSC)を経由することなく、以前より約3倍の速さでその信号を直接エンジンに伝達する機能であり、前輪駆動車特有の、コーナリング時に車両が外側に膨らんでしまう現象(アンダーステア)を大幅に抑制し、より俊敏な走りを実現する。そして、アルミニウム製のエンジンフードを採用した最新世代の直列3気筒エンジンおよび直列4気筒エンジンと、高張力鋼とアルミニウムを効果的に組み合わせた骨格により、ボディ剛性を確保しながら最大30kg(欧州仕様値)の軽量化を実現している。

価格は334万円から630万円。

カエルナラトップページに戻る