新型ルノー トゥインゴ発売、エクステリア刷新

news

トゥインゴ(2019マイナーチェンジ) _外観⑤

ルノー・ジャポンは、パリが育んだデザインときびきびとした走りが特徴のルノー『トゥインゴ』をより洗練されたデザインへと変更し、8月22日から全国のルノー正規販売店で販売する。

新型トゥインゴは、最新のパリのデザインやライフスタイルに調和する新しいエクステリアデザインとなった。フロントバンパー、リアバンパーのデザインを変更し、全長3645mm×全幅1650mm×全高1545mmとなった。外観デザインは、短いオーバーハングと、車体の四隅に配置されたタイヤによって、そのコンパクトさと、広々とした室内の見た目のバランスが取れている。

フロントマスクは、ルノーブランドを象徴するCシェイプのLEDランプとウィンカー、新デザインのフロントバンパーにより、洗練された印象のデザインとなった。また、フロントバンパーに設けられたスリットから取り入れられた空気がフロントホイールハウスに抜けることで、空気抵抗を減らす効果をもたらす。

リア部のデザインも、CシェイプのLEDランプ、新デザインバンパーの採用により、フロントマスクと同様、洗練された印象に。左リアフェンダーには、新たに吸気用のエアインテークが設けられた。

エクステリアデザインの変更に合わせて、サイドストライプはポップなドット柄に、15インチアロイホイールも新型ルノー トゥインゴの個性を際立たせるデザインとなった。

ボディカラーは新色ジョンマンゴーをはじめとする、新しいパリをイメージさせる5色のカラフルなボディカラーがラインアップされている。

室内は、ブラン(白)のインテリア、ライトグレーのシートカラーで統一され、ダッシュボードには、マルチメディア「イージーリンク」機能を持つ7インチタッチスクリーンが装備された。イージーリンクは、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応し、スマートフォンのミラーリング機能により、7インチタッチスクリーンでスマートフォン内の各種機能にアクセスできるほか、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声での操作も可能だ。

センターコンソールには、2つのUSBポートとAUX入力に加え、ECOモードスイッチ、ストップ&スタート機能OFFスイッチもまとめられ、使い勝手が向上。ポケットタイプの収納も装備された。

安全面では、フロントカメラで車両前方の白線を検知し、車線をはみ出しそうになった際にアラームで注意を促す車線逸脱警報(LDW)と、走行中にタイヤの空気圧低下を感知するとメーターパネルの表示灯が点灯してドライバーに異常を知らせるタイヤ空気圧警報を、新たに装備した。

価格は195万円。

カエルナラトップページに戻る