プジョー308/308 SW、パークアシストなどの運転支援機能や専用シートを装備した「テックパックエディション」登場

news

308_Tech_Pack_kansei_catalog

プジョー・シトロエン・ジャポンは、8月20日よりプジョーのCセグメントハッチバック『308』および『308 SW』の特別仕様車として「308テックパックエディション」を発売する。

308は、プジョーの中核となるCセグメントハッチバックであり、同時にプジョーブランドのみならずフランス車全体を代表する優れた乗り心地とハンドリング、実用性、8速オートマチックと新開発エンジンによる燃費性能などを兼ね備えた欧州スタンダードカーとして認知されている。今回投入される特別仕様車の308テックパックエディションは、「308アリュール」を基本に、アクティブブラインドスポットモニター、パークアシストの運転支援機能、および専用ハーフアルカンターラシート(ブルーアクセント)やインテリア各部のブルー&オレンジステッチ、アルミペダルなどによるドレスアップを加えることで、実用性とスタイリングの両輪にてさらに308をグレードアップさせたモデルだ。

これら充実した装備でありながらベースとなった308アリュールから10万円のアップにとどめ、コンペティティブな輸入車Cセグメントとしてリーズナブルな戦略価格となっている。価格は308が293万9000円、308 BlueHDiが314万9000円、308 SWが318万7000円、308 SW BlueHDiが339万7000円。

カエルナラトップページに戻る