特別仕様車「レンジローバー SVO デザインエディション 2019」限定15台を7月18日より受注開始

news

LR_Range Rover SVO Design Edition_01

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUV「レンジローバー」の特別仕様車「レンジローバー SVO デザインエディション 2019」限定15台を7月18日より受注開始する。

レンジローバー SVO デザインエディション 2019は、「レンジローバー ヴォーグ」をベース車両に採用し、ランドローバーのハイパフォーマンスモデルやビスポークオーダーを専門に手がける、スペシャルビークルオペレーションズ(SVO)が設計・開発を行ったボディキット「SVOデザインパック」を装備した特別仕様車だ。

フロントバンパーをはじめ、フロントグリル、サイドベント、サイドシルクローティング、リアバンパー(インテグレーテッドテールパイプ)からなるSVOデザインパックに、コントラストルーフ、ブラックエクステリアパック、22インチの9スプリットスポークスタイル 9012アロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)を組み合わせ、エクステリアを黒で引き締め、レンジローバーの精悍なスタイルをより一層際立たせている。

内外色の組み合わせは、バイロンブルーのエクステリアにネイビー&アイボリーのインテリア、コリスグレイにエスプレッソ&アーモンド、フジホワイトにエボニー&アイボリーの3パターンを用意している。

また、電動サイドステップ、フロントシートのクーラーボックス、20ウェイ電動シート(前席シートクーラー&ヒーター、後席後席電動リクライニング&ヒーター付)、Android AutoやApple CarPlayに対応する「スマートフォンパック」を装備し、快適性と利便性を兼ね備えた。さらに、レーンキープアシスト、アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト、ステアリングアシスト付)、360°サラウンドカメラ、パークアシスト機能を含むドライバーアシストパックも採用し、ドライバー支援システムも充実している。

価格は1874万7277円。

カエルナラトップページに戻る