アウディ、クーペスタイルのフルサイズSUV、Audi Q8を新発売

news

052_Phoot01_Audi_Q8_large

アウディ ジャパンは、新たに開発したクーペスタイルのフルサイズSUVである『Q8』を7月3日発表し、9月3日より、全国のアウディ正規販売店を通じて販売を開始する。

Q8は、大型SUV市場にて『Q7』で大きな成功をおさめてきたアウディが、よりスポーティでラグジュアリーなモデルを志向するユーザーに向けて新開発したクーペスタイルのSUVモデルだ。アウディQモデルの新たな特徴である八角形のシングルフレームグリルや、アウディの代名詞であるquattro(クワトロ)を象徴するブリスターフェンダーなど、ダイナミックなスタリングを与えられたQ8は、アウディQシリーズの新たなフラッグシップ。インテリアには、セダンタイプのフラッグシップである『A8』などと同様に、タッチディスプレイを全面的に採用したMMIタッチレスポンスや大型バーチャルコクピットを装備し、デジタル時代にふさわしいユーザーインターフェイスと充実したAudi connect機能を搭載した。

走行性能では、340psを発生する3.0リットルV6 TFSIガソリンエンジン、センターディファレンシャルタイプのquattro(4輪駆動システム) やAWS(オールホイールステアリング)などの先進技術を採用し、サイズを感じさせない軽快でダイナミックな運動性能を実現している。また、『A8』『A7』『A6』で採用済みの48V電源によるマイルドハイブリッドシステムを全車に搭載し、スムーズな走行と燃料消費の低減を実現した。

運転支援関連技術でも、最大22個のセンサーやカメラの統合制御による高度なドライバーアシスタンスシステムを搭載している。中核となるのは、アダプティブドライブアシスト(ADA)で、アダプティブクルーズコントロール、トラフィックジャムアシスト、アクティブレーンアシストを統合し、0~250km/hまでの速度で、加減速及び車線変更のサポートを提供し、高速道路やロングドライブにて、上級サルーンのような快適で安全なドライビングを実現する。また、アウディ初となるエマージェンシーアシストなどの機能(パッケージオプション)により、緊急時にクルマを現在の走行レーン内に自動的に停止させる。さらに、カーブストーンアシストは、A8で最初に導入されたシステムで、MMIスクリーン上のカメラビューにより、パーキングの際に縁石への接触を回避するのに役立つ。

価格は992万円から1102万円。

カエルナラトップページに戻る