BMW Mのフラッグシップモデル、新型M8発表

news

P90348782_highRes_the-all-new-bmw-m8-c (2)

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW M社の新しいフラッグシップモデルとして、レーシングテクノロジーを駆使した高性能モデル新型『M8』を、全国の正規ディーラーにて、6月25日より受注を開始し、12月以降に順次納車を開始すると発表した。

新型M8は、BMW M社が開発した最も力強いV型8気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載し、ドライブロジック付き8速Mステップトロニックトランスミッションおよび後輪駆動を重視した4輪駆動システムM xDriveを組合せ、高性能エンジンの性能を最も効率的に引き出し路面に伝達することが可能なレーシングモデルとなっている。最高出力625ps(コンペティション)/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5800rpmを実現するとともに、0-100km/h加速は3.2秒を達成している。

全長4867mm、全幅1907mmの存在感あるボディは、低重心かつ伸びやかなシルエットをまとい、フロントサイドパネルに幅広なデザインを採用することで、ボディに光の反射による美しい帯を生み出し、究極を求めた高性能モデルであると同時に、繊細かつ優雅なラグジュアリーモデルとしての個性を演出している。そして、ダブルバーキドニーグリルや、ボディ側面のエアブリーザーに装備されたMギルなど、BMW Mモデルの象徴的な装備を採用している。

そして、BMW Mモデルの特徴でもある、エンジンレスポンス、ステアリング、サスペンション特性をドライバーが任意に設定変更できる機能に、新たにブレーキ・システム設定の変更が追加された。また、同じく新システムとして、センターコンソールに「Mモード」ボタンが追加された。これにより、メーターパネル、ヘッドアップディスプレイの表示方法や、運転支援システムの介入レベルを「ロード」「スポーツ」いずれかのモードに変更することが可能となった。ロードは基本設定として全ての運転支援システムが有効になり、スポーツはドライバーが任意に設定した情報に基づいて、前車接近警告および衝突回避・被害軽減ブレーキを除く全てのブレーキやステアリングシステムへの介入を無効にすることが可能となっている。

価格はM8が2230万円、M8コンペティションが2433万円。

カエルナラトップページに戻る