新型BMW 3シリーズ、モデルラインアップを強化

news

P90330010-highRes

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、2019年1月に発売した新型『3シリーズ』に、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「320d xDrive」を5月24日より発売する。また、プラグインハイブリッドモデル「330e Mスポーツ」、直列6気筒エンジンを搭載した「M340i xDrive」のプレオーダーの受付を同日より開始し、9月下旬より順次納車を開始する。

320d xDriveは、低回転域と高回転域で切り替わる2ステージターボシステムをBMWとして初めて2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジンに採用し、低回転域での加速性を向上させるとともに、四輪駆動システムxDriveを装備する。xDriveはセンサーが常に路面状況を検知し、車両速度やドライバーのステアリング操作に応じて、電子制御で前後トルク配分を最適化。安定走行時には後輪にほぼ100%エンジントルクを配分することもでき、燃費効率をより高めている。このxDriveと低回転から大きなトルクを発生する新世代ディーゼルエンジンとの組合せによって、さらなる燃費効率の向上とともに、ダイナミックかつ安定した走りを実現している。

価格は320d xDriveが578万円、320d xDrive Mスポーツが629万円。

電動化モデルの330e Mスポーツは、先代モデルから約80%容量を拡大した、10.3kWhのリチウムイオンバッテリーと最高出力83kWのモーターに加えて、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載したプラグインハイブリッドモデル。エンジンとモーターの組合せによって、最高出力215kW(エキストラブーストモード使用時)、最大トルク420Nmを発揮し、0-100km/h加速5.9秒を実現する動力性能を備えており、走り出しから快適な加速感とパワー/ダイレクト感のあるスポーツドライビングを楽しむことができる。また、電気モーターのみで時速120kmまで、最低59kmのゼロエミッション走行が可能で、優れた高速走行性能と環境性能を兼ね備えている。

価格は654万円。

3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載したM340i xDriveは、公道での実用性と、サーキット走行を両立させたBMW Mパフォーマンスモデル。最高出力387ps/5800rpm、最大トルク500Nm/1800-5000rpmを発揮し、0-100km/h加速は4.4秒を実現している。また、サーキット走行を想定し、Mスポーツディファレンシャルや、アダプティブMサスペンション、Mスポーツブレーキを採用すると同時に、ハイパフォーマンス冷却システムとディスクブレーキを含むMテクノロジーパッケージを搭載している。そして、サテン調のクローム加飾を施したキドニーグリルやミラーキャップ、エアインテークを装備し、よりアグレッシブなデザインとなっている。

価格は962万円。

また、2019年夏以降には、これらのモデルにハンズオフ機能が搭載される。ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能は、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム。この機能では、絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、ステアリングから手を離して走行が可能となる。

今回追加された新型モデルには、新型BMW 3シリーズで新たに導入された高性能3眼カメラ、高性能プロセッサーおよびレーダーによって、より精度と正確性が向上した、最先端の運転支援システムを量産グレードに標準装備している。アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィックウォーニングが装備されている。

さらに標準装備となるパーキングアシスタントには、新型8シリーズから導入されたリバースアシスト機能が採用されている。これにより、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となる。この機能を活用することで、例えば、日本に多数点在する細い道での対向車とのすれ違いに困った際など、安全かつ正確に、元のルートに復帰することが可能となる。

カエルナラトップページに戻る