限定車MINI クラブマン ブルーノート トーキョー エディション を発売

news

P90348829-highRes

ビー・エム・ダブリューは、クリエイティブで洗練された個性を持つMINI『クーパーD クラブマン』をベースに、ジャズの聖地ブルーノート東京とコラボレーションした限定車「MINI クラブマン ブルーノート トーキョー エディション」を、全国のMINI正規ディーラーで、5月22日より販売を開始する。

西洋音楽とアフリカ音楽の融合から生れたジャズは、「即興性」や「セッション」という独自の哲学を育み、遊び心豊かな大人の音楽として親しまれている。MINI クラブマン ブルーノート トーキョー エディションは、日本のジャズの聖地ブルーノート東京と、プレミアムで洗練されたモデルとして本質を知る大人に支持されてきたMINI クラブマンがコラボレーションし、大人のドライブには欠かせない上質な音楽「ジャズ」をテーマに、細部にまでこだわり抜いた、限定車となっている。

エクステリアは、人気が高い「ミッドナイトブラックメタリック」と限定色「ホワイトシルバーメタリック」の都会に映える2色のボディカラーをラインアップし、それぞれジャズを代表する楽器をコンセプトに開発された。ミッドナイトブラックメタリックは、エレガントな存在感を放つ漆黒のピアノを、ホワイトシルバーメタリックは、スポットライトを反射し華やかにステージを演出するブラスセッションをイメージしている。五線譜と楽器の弦をモチーフにしたオリジナルデザインのボンネットおよびサイドのストライプは、色味を抑えた上品なシルバーのラインに、ブルーノート東京のイメージカラーであるブルーのアクセントラインが入ったスタイリッシュなデザインで、それぞれのボディカラーに合わせて、微妙な色調整を施している。また、専用サイドスカットルは、MINI Blue Note Tokyoのロゴを入れたオリジナルデザインを採用し、Cピラーにもロゴ入りのブルーの専用エンブレムを装備するなど、限定感あふれるデザインとなっている。

室内空間は、ブルーノート東京の空間をイメージし、全体をブラックで統一している。シートにレザレットシート カーボンブラック、ヘッドライニング(ルーフの内張)は専用のアンスラサイトを採用している。インテリアサーフェスには初採用となるMINI Yoursインテリアスタイル ピアノブラックイルミネーテッドを装備し、LEDのイルミネーションがドアトリムの曲線を美しく浮かび上がらせるアクセントとなっている。深いブラックの室内空間と光のイルミネーションが、ブルーノート東京のモダンでシックな世界観を演出している。

MINI クラブマン ブルーノート トーキョー エディションは、高いデザイン性に加えて安全装備も充実しており、運転支援システムであるアクティブクルーズコントロール、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準装備している。また、ナビゲーションシステムは、タッチパネル機能と共に、手元でも操作可能なMINIコントローラーを装備し、リアビューカメラ、パークディスタンスコントロール(リア)、LEDデイライトリング、LEDヘッドライト、LEDフロントフォグランプなどを特別装備している。

価格は447万円。

カエルナラトップページに戻る