プジョー 308、燃費・環境規制に対応したGPF付き新1.2Lガソリンエンジンと8速AT導入

news

181217_308NewLineUps_01

プジョー・シトロエン・ジャポンは、5月7日よりプジョー主力モデルの一つ、『308』に新型ガソリンエンジン、8速オートマチック、アクティブクルーズコントロールなどを追加し、発売した。

308は、国内外においてプジョーの主力モデルの一つであり、実用性、スタイリング、乗り味、走り、安全性などを高い次元で両立させたヨーロッパを代表するハッチバックの一つ。国内でも2016年11月のデビュー以来、高い評価を得ている同モデルに、今回、最新の欧州環境規制に対応した新3気筒1.2リットルガソリンエンジン(EB2エンジン)と定評の新世代電子制御8速オートマチックEAT8を搭載した。EAT8は、昨年12月に発表・発売した新1.5リットルクリーンディーゼルエンジン搭載モデルに続き、ガソリンエンジン仕様に搭載されるもの。さらに運転支援機能やアクティブクルーズコントロールを標準搭載した特別仕様車「308 GTライン」も設定している。

今回搭載される3気筒1.2リットルガソリンエンジンは、新しい欧州環境規制EURO 6.2に対応するべく、各部に改良がほどこされた新エンジン。新しいインジェクションシステムを採用し、パフォーマンスを維持しつつ、さらなる排ガス基準に対応するために燃料噴射ポンプの圧力は250バールに高められている。センサーを2つに増強し、ガソリン専用のGPF(Gasoline Particle Filter)を採用。ターボチャージャーは電子制御式に変更されている。

トランスミッションは先に308のディーゼルエンジン搭載モデルに採用していた新世代電子制御8速オートマチックEAT8を新たに搭載している。これをもってプジョー308は全車8速オートマチックトランスミッション&パドルシフト付きとなった(GTi除く)。このトランスミッション搭載モデルでは3つのドライブモードを選択可能。特にエコモード時は新しく搭載されたフリーホイール機能で、走行条件が合えば、アクセルオフ時にクラッチを切り燃費改善を果たす。

なお、燃費は「308アリュール」「308 SWアリュール」ともに17.0km/リットル(JC08モード)、15.6km/リットル(WLTCモード)となっている。

その他、市場ニーズの高いアクティブクルーズコントロールを全車標準装備し、プジョーミラースクリーン(Apple CarPlay対応)を搭載している。

価格は308アリュールが283万9000円、308 SWアリュールが308万7000円、308 GTラインが308万9000円。

カエルナラトップページに戻る