限定モデル アウディ TT 20 years を発売

news

031_Photo01_Audi_TT_20years_large

アウディジャパンは、プレミアムコンパクトスポーツ、アウディ TTシリーズの誕生20周年を記念した世界限定モデル アウディ TT 20 yearsを、6月10日より全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売する。

初代アウディ TTは、1998年に誕生した。コンセプトカーを忠実に再現した、円をモチーフに直線と組み合わせたシンプルかつ先進的なスタイリングは、当時の自動車デザインに大きな衝撃を与えた。それは、世界的に有名なドイツの造形芸術学校、Bauhaus(バウハウス)のデザイン思想を彷彿とさせるものとして、今なお語り継がれている。そして、アウディ TTシリーズは、3世代に渡って進化を続け、昨年誕生20周年を迎えることとなった。

アウディ TTシリーズ誕生20周年を記念してつくられた世界限定999台の特別仕様車がアウディ TT 20 years。このモデルのディテールは1995年の東京モーターショーで初公開されたロードスターバージョンTTSコンセプトカーに採用されていた要素からヒントを得ている。アウディ TT クーペ 45 TFSI クワトロをベースに、コンフォートパッケージ、B&Oサウンドシステム、マトリクスLEDヘッドライト、マグネティックライド等を標準装備。さらにインテリアでは、Sスポーツシート、ステアリング、シフトノブ&ブーツ、ドアアームレスト、センターコンソールなどに専用のイエロー コントラスト ステッチを施したモカシンブラウンのファインナッパレザーを使用している。また、ステアリングホイールとシフトノブには “TT 20 years”エンブレムを配し、エンジンスタートボタンの脇にはシリアルナンバーを刻印したバッジも備わる。

エクステリアでは、マトリクスOLEDリアライトやガンメタルエフェクトペイントの専用19インチホイールを装着。ボディサイドにはマット仕上げのフォーリングスのロゴが備わり、ボディカラーは専用色のアローグレーPEとなる。この初代TTのもつデザインエッセンスを再現したアウディ TT 20 yearsは、国内20台の限定モデルとなる。

価格は759万円。

2019年は、アウディ TTシリーズの日本導入20周年にあたるとともに、バウハウス創立100周年にあたる。これを機に日本でもバウハウス100周年委員会が組織され、国内5か所の美術館を巡回する記念企画展、「開校100年 きたれ、バウハウス —造形教育の基礎— 」などのイベントが実施される。デザインの重要性を強く認識しているアウディジャパンは、この巡回展へのスポンサリングを実施する。

カエルナラトップページに戻る