プレミアムコンパクトスポーツ アウディ TT / TTS を大幅に改良

news

sub4

アウディジャパンは、プレミアムコンパクトスポーツ、アウディ TTシリーズに商品改良を行い、「TTクーペ 40 TFSI」は5月9日より、「TTクーペ/TTロードスター 45 TFSI クワトロ」および高性能バージョンの「TTSクーペ」は6月10日より、全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売する。

アウディ TTは、1998年に1世代目が登場して以来、3世代に渡って進化を続けるプレミアムコンパクトスポーツモデル。初代TTシリーズの国内導入が開始されてから20年が経過した今年、アウディのアイコン的存在として個性を放つエクステリアデザインをよりスポーティに変更、FFエントリーモデルのTTクーペ 40 TFSIはエンジンパワーを強化、そして装備を充実するなど第3世代のTTシリーズに大幅なアップデートを行った。

日本市場に導入するのは、TTクーペ 40 TFSI とTTクーペ/TTロードスター 45 TFSI クワトロおよび高性能バージョンのTTSクーペの4つのモデル。スポーツモデルにふさわしく軽量かつ高剛性なアルミニウムとスチールの複合構造ASF(アウディスペースフレーム)のボディに、全モデルがターボ付2.0リットル直噴ガソリンエンジン(2.0 TFSI)を搭載している。特に、FFエントリーモデルであるTTクーペ 40 TFSIの最高出力は、従来比+17ps/+70Nmの197ps/320Nmとなり、パフォーマンスを大幅に向上させた。

スタンダードモデルのエクステリアは、従来のS lineエクステリアのデザインを取り入れ、バンパー、サイドスカート、リアディフューザーのデザインを変更。また、シングルフレームグリルはマットブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリルを採用し、アウディ R8のエッセンスを取り入れたスポーティなものとなっている。

TTSクーペまたはオプションのS lineパッケージ装着車は、バンパー、サイドスカート、リアディフューザーのデザインを一新。テールライト下にはエアアウトレットを模したデザインエレメントを追加。シングルフレームグリルは、S lineパッケージ装着車はグロスブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリルに、TTSクーペは専用のアルミルックインサート付きマットブラックペイント仕様となる。

インテリアでは、従来S lineパッケージ装着車のみの設定だった、エクステンデッドアルミニウムルックインテリア(ウインドウスイッチ/ペダル)を、オプションのスタイルパッケージ(40 TFSI)やコンフォートパッケージ(45 TFSI クワトロ)に新設定。また、レザーパッケージに、ドアアームレストやセンターコンソールも同色となるカラーエクステンデッドレザーを新採用(45 TFSI クワトロ/TTSクーペ)。S lineパッケージ装着車ではシートをSスポーツシートに変更。表皮素材はアルカンターラとレザーの組み合わせで、ダイヤモンドステッチを配し、スポーティさ、プレミアム感を大幅に高めている。

またボディカラーは、ターボブルー(S lineパッケージ/TTSクーペ専用)、パルスオレンジ、コスモブルーメタリックの3種類の新色を追加。TTシリーズの個性的なデザインをよりいっそう引き立てる。

価格はTTクーペ 40 TFSIが479万円、TTクーペ 45 TFSI クワトロが599万円、TTロードスター 45 TFSI クワトロが615万円、TTSクーペが799万円。

カエルナラトップページに戻る