スマート、ガソリンモデル最後の特別仕様車2台を発売

news

1902-smart-front-190315-rgb-974838

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス生まれのシティコンパクト『スマート』の特別仕様車「スマート フォーツー ブラックシルバーエディション」「スマート カブリオ ホワイトブラウンエディション」を発表し、全国のメルセデス・ベンツおよびスマート正規販売店ネットワークを通じ4月19日より発売する。

スマートは、最小限のボディサイズに最大限の利便性、快適性、安全性、環境適合性を凝縮したマイクロコンパクトカーとして1998年にデビューし、本日までに全世界累計販売台数220万台以上を記録、日本でも累計販売台数は4万台以上に達し、多くのファンに愛されている。また、スマートは次期モデルより電気自動車専用のブランドとなる予定だ。

今回発売する特別仕様車は、最高出力90ps、最大トルク135Nmを発生する「スマート フォーツー ブラバス スポーツ」のパワートレインを搭載し、スマート フォーツー ブラックシルバーエディション(全国限定50台)にはブラックとシルバーマットを基調とした専用装備を、スマート カブリオ ホワイトブラウンエディション(全国限定30台)にはホワイトとブラウンを組み合わせた専用装備を施し、いずれにも通常設定の無い「スマート ブラバス テーラーメイド」プログラム専用装備を特別に採用したスマート フォーツー/カブリオ ガソリンモデル最後の特別仕様車だ。

スマート フォーツー ブラックシルバーエディションは、専用のアルミホイール、フロントスポイラーおよびサイドスカート、ドアミラー、リアディフューザーを施し、ブラックのボディにシルバーマットをアクセントとして取り入れることで、シックでスポーティなエクステリアを演出している。

インテリアはブラックのファブリックシート、専用のインテリアトリムおよびステアリングホイール、トップパフォーマンスモデルであるブラバスのパドルシフトとロゴ入りベロアマットを採用するとともに、フルカスタムオーダープログラム、テーラーメイド専用装備であるシフトノブ、パーキングブレーキハンドル、スポーツペダルなどを取り入れ、エクステリアの世界観をインテリアにも踏襲している。

スマート カブリオ ホワイトブラウンエディションは、専用のアルミホイール、ディフューザー(グレーマット)、ブラウンのソフトトップなどを採用し、ホワイトの中にブラウンが映える上品なエクステリアとなっている。インテリアは、全体的にブラウンの内装に、特別仕様車専用となるブラウンとブラックを組み合わせたレザーツインシート、ブラウンのダッシュボードを取り入れながら、フルカスタムオーダープログラム「テーラーメイド」専用装備であるシフトノブ、パーキングブレーキハンドルなどもアクセントとなり、ソフトトップを閉じた状態はもちろんのこと、オープンドライブの際にも華やかなインテリアを楽しむことができる。

価格はスマート フォーツー ブラックシルバーエディションが299万円、スマート カブリオ ホワイトブラウンエディションが316万円。

カエルナラトップページに戻る