ボルボ、新型V60クロスカントリーを発売

news

New_Volvo_V60_Cross_Country_exterior

ボルボ・カー・ジャパンは、ミッドサイズステーションワゴンV60のクロスオーバーモデル『V60クロスカントリー』を全面改良し、4月17日より発売する。

新型V60クロスカントリーは、V60をベースにオフロード性能を高めたクロスオーバーモデルだ。最低地上高210mmを確保しながら全高1505mmを実現。また、V60シリーズのガソリンモデル(プラグインハイブリッドモデル除く)として初のAWD車となる。また、滑りやすい急斜面でも最小限の運転操作で安全に降りられる「ヒル・ディセント・コントロール」を標準装備する。

エクステリアは、クロームで縁取られたマットブラックの専用フロントグリル、大径タイヤを収めるフェンダーエクステンション、グロスブラックのサイドウインドー・トリムなどを専用装備し、タフかつエレガントなスタイルを両立。さらに上級仕様の「クロスカントリープロ」では、ダイヤモンドカットとマットグラファイトのカラーリングを組み合わせた19インチ5ダブルスポークアルミホイールを装備し、躍動感と優雅さを際立たせている。

V60同様、最新のテクノロジーを活用して、乗員のみならず、車外の人をも守る16種類以上の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を全車に標準装備している。特にこのインテリセーフのうち、シティセーフティ(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)には、「対向車対応機能」「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」、「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」が搭載され、国内における最も多くの交通死亡事故要因となっている、対向車との衝突被害を回避または軽減することで、より安全性を高めている。

インフォテイメントシステムとしてドライバーが直感的に操作できる独自のシステム「センサス」を搭載し、ナビゲーションやメディアの選択、電話、エアコンや車両の各種設定などが素早く行える。インパネ中央には赤外線方式タッチスクリーンを採用した、手袋をしたままでも操作可能な9インチのセンターディスプレイを配置したほか、ドライバーが必要な情報は12.3インチドライバーディスプレイ(メーターパネル・4モード選択式)に表示される。またナビゲーションの目的地設定やメディアの選択、エアコンの温度調整等の機能を音声でコントロールすることも可能。さらにセンサスは、Apple CarPlayとGoogle Android Autoにも対応している。

オーディオシステムはパワフルできめ細やかなサウンドを実現する「ハーマン・カードン プレミアムサウンド・オーディオシステム」を標準装備。出力600Wのデジタルアンプと14個のスピーカーから送り出されるサラウンドサウンドが、音楽に包み込まれる上質な音場体験を演出する。また、世界最高水準のパフォーマンスを誇る「バウワース&ウィルキンス プレミアムサウンド・オーディオシステム」も全車にオプションとして設定。出力1100Wのデジタルアンプと新構造のサブウーファーを含む15個のスピーカーを搭載し、車内のどの座席でも極上のサウンドを体感でき、スウェーデンのイェーテボリ・コンサートホールのベストシート「席番号577」の音響を再現した「コンサートホールモード」など3つのモードからサウンド設定を選択できる。

価格はV60クロスカントリーが549万円、V60クロスカントリープロが649万円。

カエルナラトップページに戻る