グランドツーリングのDS的解釈、DS 7クロスバック パフォーマンスライン登場

news

20190405-ds

プジョー・シトロエン・ジャポンは4月5日、DSオートモビルのフラッグシップSUV『DS 7クロスバック』にグランドツアラーの要素を強調したインスピレーション、「パフォーマンスライン」を設定し発表、発売する。

DS 7クロスバックはフレンチラグジュアリーブランド、DSオートモビルのフラッグシップとして、また、フランス大統領公用車としても知られるSUVだ。フランスならではのラグジュアリーカーのありようを提示し、ワールドワイドで好評を博している。

今回追加されたパフォーマンスラインは、このDS 7 クロスバックのインスピレーション(エクステリアおよびインテリアトリム)として、同車の持ち味の一つであるグランドツーリングカー(GTカー)のイメージをより強調し、ブラックのグリルやホイール、ダッシュボードやシートにアルカンタラをあしらったモデルとなる。

グランドツーリングカー、GTカーという概念は、かつて欧州の貴族や富裕層の子弟が、見聞を広め、自身の精神的成長と教養を身につけることを目的としたいわゆる”大旅行”、グランドツーリングを語源に持つ。当初移動手段としての馬車が、20世紀に入り自動車が誕生すると、必要なだけの荷物を搭載し、長距離を快適に高速で移動できる贅沢な自動車=グランドツーリングカーとして誕生し、発展してきた。

そしてDS 7クロスバックもまた、アクティブスキャンサスペンション、先進運転支援機能DSコネクテッドパイロットなど、最先端のシステムによって現代のグランドツーリングカーとしての素養を備えている。パフォーマンスラインは、これら故事にのっとり、DSならではのスタイルでラグジュアリーとスポーティーを融合したモデルといえる。

パフォーマンスラインの魅力のひとつは、あえて装飾性を廃し、ストイックにブラックを基調としたスタイルにある。本来クロームで彩られたDSウィングおよびリアガーニッシュはマットブラック仕上げ、フロントグリルはグロスブラック、専用の19インチアロイホイールは、グロスブラックと切削加工による輝きが見事なコントラストを描き、センターキャップのカルマン(カーマインレッド)がアクセントに。インテリアも含めて黒で統一しつつも、さまざまな素材、テクスチャーを用いることで豊かな表情を生み出している。なお、ボディカラーはグリプラチナムとルージュ アルティメットの2色となる。

インテリアは、眼前に広がる緻密に貼り込まれたアルカンタラのテクスチャー、DSならではのオリジナリティ溢れるダイヤモンドパターンのアルカンタラのシートステッチ、スポーティーなパーフォレーテッド加工Dシェイプステアリングホイールといったディテールの数々は、かのグランドツアラーのDS的、今日的解釈そのものだ。

価格は549万円。

カエルナラトップページに戻る