ジープ ラングラー アンリミテッド リビコン を発売

news

20190405-JEEP2

FCAジャパンは、ジープの本格オフローダー『ラングラー』のラインアップに、卓越したオフロード性能を誇る「アンリミテッド・ルビコン」を追加設定し、5月18日に、全国のジープ正規販売店を通じて発売する。

オフロード走行を得意とするジープの中でも、過酷なトレイルで一定の性能試験をパスしたモデルのみに与えられる「Trail Rated」バッジ。ラングラーでは全モデルにこのTrail Ratedバッジが備わるが、その中でも“最強のオフロード性能”を誇るのが「ルビコン」だ。日本には4ドア仕様のアンリミテッドをベースとした「アンリミテッド・ルビコン」が導入される。

アンリミテッド・ルビコンは、悪路において強い駆動力を必要とする場面で有効な「ロックトラックフルタイム4×4システム」を装備する。これは専用の変速比が与えられた副変速機を持ち、Lowレンジの変速比は通常の2.717から4.000にまで低レンジ化され、最終減速比も3.454から4.100へと変更されている。これは岩場や凹凸のある急勾配路を、極低速で地を踏みしめるように進む場面で威力を発揮する。

またアンリミテッド・ルビコンは、必要に応じて任意で後輪のみ、または前後輪両方のディファレンシャルを直結状態にできる前後輪ディファレンシャルロックを装備している。ディファレンシャルを内包する前後アクスルには、ヘビーデューティ仕様となるDana社製の「Dana44」を採用している(他グレードではリアのみ)。さらにフロントのスタビライザーを任意に解除することで、悪路においてフロントアクスルをより柔軟にストロークさせることができる「電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステム」も備えている。

アンリミテッド・ルビコンは、エクステリアにも数々の専用装備が与えられている。ルビコン専用の17インチアルミホイールには、マッド&テレインタイヤが組み合わされる。また、標準仕様のサイドステップは車体のダメージを緩和するロックレールへと変更されている。このほかダークグレーのアクセント入りフロントグリルや、ブラック仕様のハードトップおよびフェンダーフレア、フロントフェンダーのRubiconデカールなど、本格オフローダーであることを強調したルックスが与えられている。

インテリアには、ルビコン専用のレザーシートや、レッドカラーのインストルメントパネル(ボディ色がパンプキンメタリックの場合はシルバーカラー)、サブバックなどが取り付け可能なフロントシートバックアタッチメントが装備される。

ラングラー・アンリミテッド・ルビコンの価格は588万6000円。

カエルナラトップページに戻る