メルセデス・ベンツ G350d を発表、静粛性に優れる直列6気筒クリーンディーゼル搭載

news

20190404-BENZ

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ『Gクラス』に直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載した「G350d」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、4月4日より予約注文の受付を開始した。なお、納車は7月頃を予定している。

メルセデス・ベンツ Gクラスは1979年、最高級クロスカントリービークルとして誕生して以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレイン、装備を加えながら進化を続けてきた。2018年には、長い歴史の中で最も大幅に改良され、その伝統をメルセデスの最新技術でアップデートすることで、オンロードおよびオフロードにおいて最適なパフォーマンスを発揮する究極のオフローダーとして進化した。

今回追加するモデルは、バランスに優れ、コンパクトな直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載しており、欧州において導入されている RDE(Real Driving Emission、実路走行試験)規制に適合するなど、高い環境性能も併せ持つモデルだ。

OM656は「S400d」などに搭載されている最新の直列6気筒クリーンディーゼルエンジンで、直列6気筒エンジン「M256」などと基本設計を共有する、モジュラーコンセプトを採用している。最高出力は286ps、0-100km/h加速は7.4秒に向上した。最大トルク600Nmの発生範囲は1200~3200rpmまで広がり、可変エンジンマウントの採用により、低振動で高い静粛性を持ちながら、スムーズな加速を実現したことで、長距離走行もより快適になった。シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとして、全長がコンパクトにまとめられたことで、様々なモデルに搭載することを可能にし、シリンダーブロックは軽量化のためにアルミニウム製となっている一方、ピストンはスチール製となる。この熱膨張率の異なる素材を採用することで40%以上摩擦を低減している。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE摩擦低減加工を施している。

ターボは2ステージターボチャージャーを使用し、小さいタービンにはさらに可変タービンジオメトリーを採用しており、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にしている。また、ピエゾインジェクターを使用した、コモンレールダイレクトインジェクションシステムは最大圧力2500barまで高められている。

冷却された高圧EGRと低圧EGRを組み合わせた「マルチウェイ排出ガス再循環(EGR)」を搭載し、燃焼の最適化を図り、後処理を行う前の段階でNOxを低減することが可能になった。排気側にのみ可変バルブリフトシステム「カムトロニック」を採用しており、冷間時の吸気工程中に排気の一部を燃焼室に戻すことが可能になった。これにより、燃焼室内の温度を上昇させることで、排出ガス浄化システムを効率的な温度まで早期に暖めることが可能となり、排出ガスの浄化に寄与する。

排出ガスの浄化システムはエンジンに近接し搭載されたことで、排出ガスの温度低下による浄化効率の低下を防ぐことを可能にしている。ターボチャージャーから出た排出ガスは、まず酸化触媒へ送られた後、AdBlueが添加される。下流のsDPF(DPF with SCR Coating:選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルター)で粒子状物質の捕集と窒素酸化物の低減を行った後、最終的にSCR触媒でさらに窒素酸化物の処理を行う。

G350dは、トルクコンバーターハウジングをアルミニウム製、ギアハウジングをマグネシウム製とした9G-TRONICトランスミッションを採用。前進ギアが2速分増えたにもかかわらず、従来の7G-TRONICと比較して1kg軽量化されている。さらに、増えたギアにより同じ速度でも高いギアを使ってエンジン回転数を低くすることが可能となり、消費燃料の低減に貢献している。

価格は1170万円。

カエルナラトップページに戻る