ジープ グランドチェロキー、限定車「アルティテュード」を発売

news

Grand_Cherokee_Altitude-1

FCAジャパンは、ジープのフラッグシップSUV『グランドチェロキー』に、限定車「アルティテュード」を設定し、4月13日に、全国のジープ正規販売店を通じて発売する。

グランドチェロキー・アルティテュードは、エントリーグレードの「ラレード」をベースに、精悍さを演出するエクステリアパーツや、上級グレード譲りの豪華装備が付与された 限定車。エクステリアでは、ボディ同色バンパー/サイドシルのほか、ブラックグリル、ブラックベルトモール、ブラックルーフモールディング、グロスブラック仕上げの20インチアルミホイールなど、ブラックのアクセントカラーを用いた専用装備により、スタイリッシュさが強調されている。

ボディカラーは、高性能モデル「SRT8」の専用色であるヴェルヴェットレッドP/Cのほか、 ダイアモンドブラッククリスタルP/C、ブライトホワイトC/C、グラナイトクリスタルメタリックC/Cの計4色を設定している。

インテリアは、滑らかな触感のスエードとレザーを組み合わせたブラックスエード/レザーシートやフロントシートヒーターを特別装備し、上質で快適な空間に仕立てられている。さらに通常は上級モデルの専用装備であるエアサスペンションやLEDヘッドライトを備え、高級感および快適性が高められている。

このように仕様・装備が大幅に充実しているにもかかわらず、価格は529万円と、ベース車との価格差を最小限に抑えたお買い得な1台となっている。

カエルナラトップページに戻る