BMW 新型Z4発売、566万円より

news

20190325-BMW

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMWロードスターモデルの象徴的存在として約2年ぶりに復活し、洗練された力強さを感じさせるデザインと、絶妙なボディバランス、新世代のエンジンやサスペンションを備えることで実現した高い走行性能を持つプレミアムオープントップスポーツモデルである新型BMW『Z4』を、全国のBMW正規ディーラーで3月25日より販売を開始する。

新型BMW Z4は、60年以上の歴史を誇る伝統あるBMWロードスターの新型モデルに相応しい俊敏性、運動性、正確なハンドリング性能を実現させるため、高剛性のボディ構造や空力性能の向上などにより、最適なバランスを実現している。特に、先代モデルと比較して、85mm長くなった全長に、75mm拡大した全幅、15mm高くなった全高に対して、ホイールベースを25mm短くするとともに、より重心を下げるソフトルーフトップを採用することで、高い俊敏性、操作性を備えたモデルとなっている。

今回採用されたソフトルーフトップは、低重心なシルエットに調和するコンパクトなデザインとなっており、オープン/クローズ時ともに281リットルのトランク容量を確保している他、時速50km以下の走行時も10秒でオープン/クローズすることが可能となっている。

そして、AIを活用した最新のBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを搭載することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となり、運転中でも視線をずらすことなく目的地変更等を行うことが可能となっている。

デザイン面では、一目で新型BMW Z4だと分かる、新しいコンセプトが採用されている。ボディの端に沿うように配置されたヘッドライトは、内部にある2個の光源を縦方向に配置するとともに、BMWの象徴的存在であるキドニーグリルには、新しくメッシュ状のワイドなデザインが採用されている。ホイールハウスを覆うクラムシェル型エンジンフードは、クラシックスポーツカーを彷彿させ、洗練されたフロントデザインを実現している。そして、ボディ側面に現れるエンジンフードの端を起点に、テールランプまで、長く鋭いキャラクターラインが刻まれ、丸みを帯びたシルエットと相まって、ボディ側面を流れる空気の流れを可視化したようなボディデザインとなっている。リアは、ボリューム感のある丸みのあるシルエットに、細長いデザインのL字型テールランプや、シャープに形作られたリア・スポイラー、水平方向に流れるプレスラインによって、低重心かつ力強い印象を与えている。

新型BMW Z4は、BMWのロードスターを象徴するに相応しい、スポーティな走行性能を実現するため、綿密に計算されたボディバランスと空力特性に加えて、最高出力197ps、最大トルク320Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ツインパワーターボガソリンエンジンおよび、最高出力340ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒Mパフォーマンスツインパワーターボエンジンの2つのエンジンをラインアップしている。

そして、この新世代エンジンの実力を最大限に引き出すため、新型BMW Z4 sDrive20i Mスポーツには、Mスポーツサスペンションに加えて、オプションで電子制御ダンパーを備えたアダプティブMスポーツサスペンションが装備可能となっている。また、新型BMW Z4 M40iにはアダプティブMスポーツサスペンションを標準装備するとともに、コーナリング後の加速性の向上や安定性等を飛躍的に向上させるMスポーツディファレンシャルを搭載している。さらに、力強く俊敏な走行性能を備えた車両を的確に操作するバリアブルスポーツステアリングが、BMW Z4として初めて全車に標準装備されている。

新型BMW Z4は、BMWの哲学でもあるドライバーオリエンテッドなインテリアを採用し、運転中のドライバーの集中力を妨げない位置に操作スイッチを配置し、10.25インチのコントロールディスプレイや、フルデジタルメーターパネルなど視認性を高めたディスプレイを装備している。さらに、ロードスターのセグメントとして初めて、ヘッドアップディスプレイを装備することが可能となっている。

先進的な表示システムと調和するように、マットアルミニウム加工が施されたトリムが各部に効果的に採用され、洗練された上質な空間を実現している。さらに、外装デザインと室内空間の調和をもたらすため、ドアトリムパネルには、サイドボディの造形を模したデザインが採用されている。これにより、ルーフを開けた状態での走行時も一貫して、新型BMW Z4の世界観を保ちながらドライブを楽しむことが可能となっている。

価格は566万円から835万円。

カエルナラトップページに戻る