メルセデス・ベンツ、E200 BSG搭載モデルとE300を発表

news

e-classavantgardesports-461338

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ『Eクラス(セダン/ステーションワゴン)』に、効率化と高性能化のための新技術「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と「48V電気システム」を採用した「E200アバンギャルド」と「E200アバンギャルドスポーツ」および、高い最高出力と最大トルクを誇る新エンジンを搭載した「E 300アバンギャルドスポーツ」を導入し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて3月22日より注文受付を開始した。なお、納車は6月以降を予定している。

E200アバンギャルドおよびE200 4MATICアバンギャルドには新開発の1.5リットル直列4気筒ターボエンジン「M264」と「BSG」、「48 Vボルト電気システム」などの新技術を採用することにより、効率性、快適性、高性能化を同時に実現したパワートレインを搭載している。

M264エンジンは単体で最高出力184ps、最大トルク280Nmを発生する。ターボチャージャーにはツインスクロールシステムを採用したほか、可変バルブタイミングを実現する「カムトロニック」も搭載されており、状況に応じた最適な吸気を実現している。また、エンジン内部の摩擦低減対策として、メルセデス・ベンツが特許を取得した「コニックシェイプ加工」を採用している。これは、熱膨張を考慮し、シリンダーウォールが底部に向けてやや広がる形に加工することで、ピストンが熱膨張した際の摩擦を低減する画期的な新技術。

さらに、ベルトを介してクランクシャフトと接続される、スターターとジェネレーターを兼ねるモーターであるBSGと48V電気システムは、回生ブレーキ等により発電した電気を約1kWhのリチウムイオン電池に蓄電し、振動の少ないエンジン始動、滑らかで力強い加速、素早いギアシフトなどの必要に応じて、最大トルク160Nmの動力補助を行い、燃費低減効果だけでなく、パワートレインの総合性能を引き上げる。また、ウォーターポンプが電動化され、冷却能力を必要に応じて最適に調整することができるようになったことで、さらに効率化されている。

E300アバンギャルドスポーツには、E200と同じM264の中でも、排気量が2.0リットルとなる直列4気筒エンジンを搭載している。ツインスクロールターボチャージャーと可変バルブリフトシステム カムトロニックを採用し、低回転から高回転まで伸びやかな加速を可能にする。従来のE250と比較して、最高出力が47ps向上し、258psを発揮、最大トルクが20Nm向上し370Nmとなり、低回転から高回転まで伸びやかな加速を実現している。

価格はE200アバンギャルドが721万円、E200 4MATICアバンギャルドが744万円、E300アバンギャルドスポーツが855万円。ステーションワゴンはそれぞれ38万円高の759万円、782万円、893万円となる。

カエルナラトップページに戻る