ジープ チェロキー、ラインアップを拡充  ロンジチュードとトレイルホークを追加

未分類

20190301-JEEP

FCAジャパンは、2018年10月にマイナーチェンジしたジープのミッドサイズSUV『チェロキー』のラインアップに、ベースグレードの「ロンジチュード」と高いオフロード性能を誇る「トレイルホーク」の2モデルを追加し、3月9日から全国のジープ正規販売店を通じて発売する。

2018年10月のマイナーチェンジでは、フロント周りを中心とした大幅なデザイン変更やライト類のLED化により、フラッグシップモデル「グランドチェロキー」に通ずる精悍な外観となった。さらに、装備の充実を図ると共に、価格競争力の向上も実現した。

装備については、Apple CarPlay/Android Autoに対応した第4世代のインフォテインメントシステム「Uconnect」、両手がふさがった状態でも足先の動作だけでリアゲートを開くことができるハンズフリーパワーリフトゲート、歩行者検知機能を付加したクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報が全てのモデルに標準装備した。

発売時には、レザーシートなど豪華な装備が充実した「リミテッド」と導入記念限定車の「ロンジチュード・ローンチエディション」の計2モデルで展開。そして、新たに今回、ベースグレードの「ロンジチュード」と高いオフロード走破性を誇る「トレイルホーク」の2モデルを追加導入して、より幅広いユーザーの要望に応えていく。

ロンジチュードは、2.4リットル直列4気筒マルチエア2エンジンを搭載し、最高出力177ps、最大トルク229Nmを発生。START&STOP機能の搭載により、10.2km/リットル(JC08モード)の燃費性能を達成すると共に、エンジン振動の低減や静粛性の向上を図っている。

トレイルホークは、従来の3.2リットルV6エンジンに代え、新設計の2リットル直列4気筒 直噴ターボエンジンを搭載する。このエンジンは、ツインスクロール式ターボの採用により、低回転域から優れたレスポンスを実現しており、その結果、従来のV6エンジンに比べて最高出力は同等の272psながら、最大トルクは85Nm増となる400Nmを発揮する。また、ターボエンジンにもかかわらず、レギュラーガソリンに対応し、燃費は10.4km/リットル(JC08モード)と経済性に優れている。さらに、トレイルホークならではの装備として、雪道、砂地、岩場など厳しいオフロード環境で真価を発揮する「Jeepアクティブドライブロック(ロッキングリアディファレンシャル付)」やオフロードサスペンションの搭載により、卓越した走破性を実現している。

価格はロンジチュードが429万円、トレイルホーク が484万円。すでに発売しているリミテッドは479万円。

カエルナラトップページに戻る