新型BMW X5発売、大型化したボディと存在感あるデザイン

news

20190227-BMW

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、第4世代となる新型BMW『X5』の販売を2月27日より開始した。

新型X5は、1999年に登場した初代モデルのコンセプトを継承し、BMWらしい走行性へのこだわりと、高い実用性を兼ね備えたモデル。先代モデルからホイールベースが40mm、全長が25mm、全幅が65mm、全高が10mmそれぞれ大きくなり、ゆとりある室内スペースを実現しながら、低重心を強調する存在感あるシルエットをまとっている。フロントは、一体型フレームで縁取られたデザインの大型キドニーグリルを装備することで、アグレッシブな印象を演出し、サイドボディには、後部ドアから上方に伸び上がるようにプレスラインを刻むことで、リヤホイールを強調し、後輪駆動のDNAと高い走行性能へのこだわりを象徴している。

また、先代モデルに比べて、車両前方の骨格に高張力鋼板をより多く使用し、強度を高めながら約15.5kgの軽量化を実現している。足回りには、スチール製のサスペンションを採用し、Mスポーツモデルには、Xモデルとして初めて四輪アダプティブエアサスペンションを導入している。四輪アダプティブエアサスペンションを装備することで、各ホイールに設置されたセンサーが、常に路面状況および荷重を検知し、必要に応じて上下40mmの間でホイール毎の高さ調整を自動で行うため、安定感のある快適な走りを維持できる他、手動で高さを調整することも可能で、重量物を乗せる際や、路面状況が悪い時など、ドライバーの好みや状況に応じて設定することが可能となっている。

新型X5は、Xモデルのダイナミックさとパワフルさを引き立たせる、3リットル直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載した「xDrive35d」を導入。同エンジンは、最高出力265ps/4000rpm、最大トルク620Nm/2000-2500rpmを発揮し、0-100km/h加速は6.5秒を達成している。

さらに、後退時のステアリング操作をサポートするリバース・アシスト、高性能3眼カメラを搭載した最新の運転支援システム、AIを活用した音声会話による車両操作機能であるBMWインテリジェントパーソナルアシスタント、車両をITネットワークに繋ぎ様々な情報にアクセスするBMWコネクテッドドライブ等、最新のドライバーサポート機能を搭載。1999年の初代モデル登場から受け継がれたコンセプトと、最新技術を融合させた完成度の高い新型モデルとなっている。

価格はスタンダードモデルが920万円、Mスポーツが999万円。

カエルナラトップページに戻る