新型BMW 8シリーズ、カブリオレを発売 1838万円

news

20190219-BMW

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型『8シリーズ』のオープンモデル「カブリオレ」を、全国のBMW正規ディーラーで2月19日より販売を開始する。

新型8シリーズ カブリオレは、8シリーズ クーペの美しさや卓越した運動性能を持ちながら、オープンモデルならではの解放感や優雅さを備えたモデル。キドニーグリルやデッキを取り囲むモールディングなどにクローム加飾をアクセントとして採用し、繊細なデザインが特徴的な専用の20インチマルチスポークホイールの優雅さとあいまって、カブリオレらしい洗練されたラグジュアリー感を演出している。

ソフトループトップは、綿密にデザインされた美しいボディ造形に相応しく、なめらかな流線形を描くように丸みを帯びたデザインとなっており、ルーフを閉じた状態も上質で優雅な佇まいを演出。ルーフは、時速50km以下の走行時も約15秒で開閉可能で、開けた状態でもトランク容量は280リットルを確保しているなど、デザイン性だけでなく、実用性も兼ね備えている。

内装は、新型8シリーズ クーペをベースに、カブリオレ専用装備として、12個のスピーカーにより高音質とラグジュアリーな空間を創り出すBowers & Wilkinsダイヤモンドサウンドサラウンドシステムを採用し、オープンドライブに相応しい室内空間を創出している。

新型8シリーズ カブリオレには、クーペに採用されている新開発4.4リットルV型8気筒エンジンを搭載。最高出力530ps/5500-6000rpm、最大トルク750Nm/1800-4600rpmを発揮し、0-100km/h加速は3.9秒を実現しており、「8」の名に相応しいピュアスポーツカーに匹敵するハイパフォーマンスを実現している。

また、クーペと同様に、従来のアクティブサスペンションシステムに新たに電子制御のアクティブスタビライザーを装着したアダプティブMサスペンションプロフェッショナルに加え、Mアクティブディファレンシャルを装着し、コーナリング時の安定性と俊敏性を向上させている。そして、ボディは内部構造部材にカーボン素材、ボディパネルにアルミ材等を効果的に使用することで、オープンボディながらも車両重量を2120kgに抑える軽量化を実現し、外観の優雅さからは想像し難い程の走行性能を発揮する。

価格は1838万円。

カエルナラトップページに戻る