ジープ レネゲード、デザインを刷新 2月23日より発売

news

BV_Limited_granite

FCAジャパンは、フロントとリア周りのデザインを刷新したジープ『レネゲード』を、2月23日より全国のジープ正規ディーラーを通じて販売開始する。

グレード構成は、従来通り「ロンジチュード」、「リミテッド」、「トレイルホーク」の計3モデルの導入を予定。まず、レザーシートをはじめ充実した装備により高い快適性を誇るリミテッドを2月23日に発売。エントリーモデルのロンジチュードと、4WD仕様のトレイルホークについては、今春の発売を予定している。

今回のマイナーチェンジでは、フロントフェイシアの色やデザインを一新。より精悍な佇まいとなった。また、フロントヘッドライトとリアコンビネーションランプは、新型ラングラーにインスピレーションを得たアイコニックな意匠に変更、モダンな表情に生まれ変わった。機能面での刷新も図り、新設計のヘッドライトは、デイタイムランニングライトをはじめ、ハイビーム、ロービーム、フォグランプのすべてをLEDに統一。その結果、従来のキセノンヘッドライトに比べて明るさは20%向上し、夜間走行時の視認性を大幅に高めた。このほか外観上では、ドアミラーの色をシルバーからグレーに変更(リミテッド)したほか、ホイールデザインも一新した。

また、新しい高効率エンジンとして、従来の1.4リットル直列4気筒マルチエアエンジンに代わり、新世代1.3リットル直列4気筒マルチエア2エンジンを採用。新型エンジンは、セントラルダイレクトインジェクション、インタークーラー付ターボチャージャー、START &STOP機能を搭載し、優れたパフォーマンスと低燃費を両立している。エンジンスペックは、リミテッドの場合、従来モデルに比べて11ps増となる最高出力151psを発生。最大トルクは40Nm増となる270Nmを発揮する。燃費性能については、実用燃費に近いWLTCモードで13.5km/リットルとなっており、高出力・高トルクながら、優れた燃費性能を実現している。

さらに装備も充実。ドアミラーにオート格納機能を追加したほか、オーディオナビゲーションシステム「Uconnect」には、地上デジタルTVチューナーを標準装備とした。また、全車でカーエアコンの冷媒使用量を減少させるなど、環境面にも配慮している。

リミテッドの価格は355万円。

カエルナラトップページに戻る