新型メルセデスAMG GT発表、1645万円より

news

gt-front-724296

メルセデス・ベンツ日本は、新型『メルセデスAMG GT』を発表、2月14日より予約注文の受付を開始した。納車は2019年8月以降の予定。

メルセデスAMG GTは、メルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカー「Handcrafted by Racers.」をスローガンに掲げ、AMGのレーシングスピリットと技術をあますことなく備えたスパルタンなスポーツカー。ラインアップは、クーペ4モデル、ロードスター3モデルの計7モデル。グレードは「GT」「GT S 」「GT C」、加えてクーペには585ps仕様の「GT R」を用意する。

新型メルセデスAMG GTは、高精細12.3インチのコックピットディスプレイと10.25インチのマルチファンクションディスプレイをセンターコンソールに標準装備する。インストゥルメントクラスターとなるこのコックピットディスプレイは、AMG独自の「クラシック」「スポーティ」「スーパースポーツ」の3種類の中から好みのデザインを設定できる。新設計のマルチファンクションディスプレイは、運転支援システム、車両情報等をアニメーションで表示でき、車両の機能を直感的に認識できる。また、ステアリングホイールのタッチコントロールボタンを介して、インストゥルメントパネルの左側または右側に好みの情報を表示できる。

センターコンソールには、V8エンジンをモチーフにしたデザインを採用し、各種スイッチやカラーディスプレイボタンを機能的に配置。トランスミッション、シャーシ、ESP、エグゾーストシステム、リトラクタブルリアスポイラー、スタートストップ機能の表示とステアリングを統合している。TFT技術を使用して、ディスプレイボタンは機能を示すために直感的に認識可能なシンボルを表示。ディスプレイボタンはAMG DYNAMIC SELECTとボリュームコントロールの2つのスイッチによって補完される。

ステアリングホイールは、最新デザインを採用し、スポーティな印象を与えるとともに、正確な操舵のためのグリップを実現する。さらに、ステアリングホイールから手を離さずに走行モードを変更できる「AMGドライブコントロールスイッチ」を装備。スポークの根元に位置するボタンは「コンフォート、スポーツ、スポーツプラス、レース、インディビジュアル、スリッパリー」など、AMG DYNAMIC SELECTの走行モードを選択でき、エグゾースト、サスペンション、 マニュアルモード、ESPなどの調整を行うことができる。

新型メルセデスAMG GTは、AMG GT 4ドアクーペと同じデザインのマルチビームLEDヘッドライトを採用。アロー形状のポジショニングライト&ウインカーに3つのリフレクターのハイ&ロービームすべてにLEDを使用することで、明るくクリアな視界を確保する。リアのデザインも刷新し、ブラックのディフューザーはGT/GT S/GT C専用デザイン。同時にGTのエグゾーストエンドは2つの円形のデュアルツインエグゾーストエンドを採用。GT SとGT Cはスクエア型のデュアルツインエグゾーストエンドを備える。GT Rは、センターバーを備えた大型エグゾーストエンドをリアの中央に配置。さらにその左右にも、ブラックのエグゾーストエンドをディフューザー内に2本追加している。

パワーユニットは、AMG 4.0リットルV8直噴ツインターボエンジン「M178」を搭載。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現している。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLID®摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減。2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとし、エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路の最適化とツインスクロールとすることで、低回転域から優れたレスポンスを実現する。

オイル供給方式はドライサンプ潤滑システムを採用し、オイルパンをエンジン底部から排除することでウェットサンプ潤滑方式採用時よりエンジン搭載位置を55mm低くすることで、車両の低重心化を実現。また高い横加速度が発生する高速コーナリング時での安定したオイル供給を可能としている。

GTは最高出力476ps、最大トルク630Nm、0-100km/h加速4.0秒、最高速度304㎞/h(ロードスターは302㎞/h)、GT Sは522ps、670Nm、3.8秒、310㎞/h(308㎞/h)、GT Cは557ps、680Nm、3.7秒、317㎞/h(316㎞/h)、GT Rは585ps、700Nm、3.6秒、318㎞/h(308㎞/h)。

新型メルセデスAMG GTは、ドライブプログラムの新機能として「AMG DYNAMICS」を装備。センターコンソールのAMG DYNAMIC SELECTで様々な状況に最適な制御を選択できる。各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更できる他、各モードに自動選択される「ベーシック」、「アドバンスト」、「プロ」、「マスター」の4つのモードがあり、ESPなどの制御を変化させる。また、ドライブモードとは独立して、マニュアルシフトへの切り替えや、車高およびエグゾーストサウンドの調整などがセンターコンソールの液晶表示ボタンで操作できる。

新規オプションのAMGダイナミックプラスパッケージを装着することで、引き締められたサスペンション、専用セッティングのステアリング、パワートレインとシャーシを一体化するAMGダイナミックエンジントランスミッションマウント、レザーDINAMICAのAMGパフォーマンスステアリングにより、俊敏でスポーティな走りを実現する。

安全運転支援システムは進化した「レーダーセーフティパッケージ」を装備。カメラとレーダーセンサーの働きにより周囲の交通状況をより的確に把握できるようになり、機能を大きく強化した。「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は、カメラとレーダーセンサーにより、高速道路などの走行時に先行車を認識して、速度に応じて車間距離を調節。減速が必要な場合、アクセルおよびブレーキを自動調整してスムーズに減速し、先行車が停止した場合は自車も停止する。トラフィックサインアシストは、一般道や高速道路を走行中、カメラが制限速度などの標識を読み取り、ディスプレイに表示し、制限速度を超えた際には警告音を出してドライバーに注意を促す機能も搭載する。ブラインドスポットアシストは、リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアに車両や自転車がいることを警告する。そのほか、テレマティクスサービス「Mercedes me connect」も装備し、安全・快適なドライブを支援する。

価格はGTが1645万円、GT Sが1993万円、GT Cが2202万円、GT Rが2382万円。ロードスターはGTが1788万円、GT Sが2137万円、GT Cが2309万円。

カエルナラトップページに戻る