メルセデスAMG GT 4ドアクーペ、予約開始 最高出力639ps

news

x290-ed1-bk-f-190213-671085

メルセデス・ベンツ日本は、『メルセデスAMG GT 4ドアクーペ』を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて2月14日より注文受付を開始した。納車は5月以降を予定している。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、メルセデスAMG社の独自開発による新たなスポーツカーだ。シャーシの開発には、モータースポーツの分析およびシミュレーションの手法が採用され、最大のパフォーマンスを確保すべく、適切な箇所に補強を実施。フロントセクションは剛性が高く、正確なステアリングとフィードバックをドライバーにもたらす。中央部からリアエンドは、ガセットやクロスメンバーを追加、ラゲッジフロア部にCFRPを採用するなど軽量、高剛性を実現している。

「GT63S」と「GT53」はマルチチャンバーを備えた「AMG RIDE CONTROL+エアサスペンション」を標準装備。コーナリング時やブレーキング時には、 硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と俊敏なハンドリングを実現する。さらに、走行状況に合わせて四輪それぞれを電子制御する連続可変ダンピングシステムを採用するほか、ボタンを押すことで車高を上げることもできる。「GT43」にはコイルスプリングと電子制御式可変ダンパーを組み合わせた「AMG RIDE CONTROLサスペンション」を標準装備している。

GT63Sは、AMG 4.0リットルV8直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現した。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減している。2基のターボチャージャーをV型シリンダーバンクの内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとし、エンジンをコンパクト化。ターボチャージャーへの吸排気経路の最適化とツインスクロールとすることで、低回転域から優れたレスポンスを実現する。これらの最新技術により、最高出力639ps、最大トルク900Nmを2500~4500回転の広い範囲で発揮し、0-100km/h加速3.2秒、最高速度315km/hを実現している。また、気筒休止機能「AMGシリンダーマネジメント」を搭載。低負荷の際に4つのシリンダーを休止することで燃料消費量とCO2排出量を抑えることができる。

トランスミッションは、ダイレクト感のある素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現した電子制御式9速トランスミッション「AMGスピードシフトMCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」を搭載。通常のATに見られる損失を低減し、軽量化も相まって燃費やレスポンスの向上に貢献している。シフトダウン時の自動ブリッピング機能やレーススタート機能によってダイナミックな走りも愉しめるほか、シフトダウン時に1速飛ばしたギアを選択したり、自動ダブルクラッチ機能など、効率良くシフトチェンジを行う。

GT43とGT53は、直列6気筒エンジン「M256」と「インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(ISG)」を搭載。ISGはエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力21ps、最大トルク250Nmを発生する電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。電気モーターと「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電。エンジン低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と力強い加速を実現する。

M256エンジンは、直列6気筒レイアウトの採用や、エアコン、ウォーターポンプなどの電動化によりエンジン前部のベルト駆動装置が不要となったことで、よりコンパクトになった。12mmオフセットされたエンジンや、NANOSLIDE摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減し、伸びやかな加速と低振動を実現している。低回転域でのターボラグを解消する「電動スーパーチャージャー」と「ISG」による動力補助および排気ターボチャージャーとの組み合わせで、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを実現。GT43は最高出力367ps、最大トルク500Nm、GT53は最高出力435ps、最大トルク520Nmを発揮する。

メルセデスAMGが開発した新四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」は、前後トルク配分を50(前):50(後)から0(前):100(後)の範囲で可変することで、ハイパワーを四輪へ最適に配分する。発進時はもちろん高速走行、ハイスピードコーナリング、コーナーの立ち上がり加速などで、安定感のある思いのままのドライビングを楽しむことができる。さらにGT63Sは、駆動配分を0:100の完全後輪駆動にする「ドリフトモード」を搭載するほか、「電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフ」を装備。走行状況に応じてロッキング機構を電子制御することでトラクションを高めることができる。

またGT63SはAMGリア・アクスルステアリングを採用。100km/h以下では、電動アクチュエーターモーターの働きでリアホイールをフロントホイールとは逆方向に最大1.3度操舵し、コーナー進入時のアジリティを高めるほか、日常の走行シーンでは回転半径が小さくし、クルマを扱いやすくする。一方、100km/hを超えると、リアホイールをフロントホイールと同じ方向に最大0.5度操舵し、走行安定性を高める。

ドライブモードはGT43とGT53で5モード、GT 63Sで6モードを用意し、センターコンソールのAMG DINAMIC SELECTで様々な状況に最適な制御を選択できる。各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更できる他、四輪駆動システムやESPの制御を変化させる。また、ドライブモードとは独立して、マニュアルシフトへの切り替えや、車高およびエグゾーストサウンドの調整などがセンターコンソールの液晶表示ボタンで操作できる。

エクステリアでは、フロントに伝統的なクーペの構造的特徴であるロングボンネットと2つのパワードームを採用。さらに、上下方向に細く、幅の広いデザインのマルチビームLEDヘッドライト、AMGのトップモデルが纏う、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリル、逆スラントした「シャークノーズ」、GT43およびGT53には流麗な「Aウイング」デザイン、GT63Sには両端部をさらに際立たせた、改良型「ジェットウイング」など、AMG GTファミリーならではのパフォーマンスを感じさせるデザイン要素をふんだんに盛り込んでいる。リアにも上下方向に細いLEDリアコンビネーションランプやリトラクタブルリアスポイラーなどAMG GTファミリーの特徴を表現。GT43とGT53には円形のデュアルエグゾーストエンド、GT63Sにはスクエア型のデュアルエグゾーストエンドを採用するとともに、より大型のリアディフューザーを装着する。
インテリアの特徴は乗車定員が5人であることと高い積載性。リアシートは大人でも余裕のある空間を確保。ラゲッジスペース容量は最大で461リットル、さらにリアシートを格納した場合、最大1324リットルまで広がる。インテリアデザインは高級感がありながら、パフォーマンスの高さも感じさせるデザインとなっている。流れるようなデザインでワイドさを強調するインテリアトリムやタービンエンジンを想起させるエアアウトレット、2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを1枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイなど、基本デザインは最新のメルセデス・ベンツモデルと同様。その一方、センターコンソールは「メルセデスAMG GT」譲りの、V8エンジンをモチーフにしたデザインを採用し、航空機のコックピットのように各種スイッチやボタンを機能的に配置している。

メルセデスAMG GT4ドアクーペの発表を記念した特別仕様車「メルセデスAMG GT63S エディション1」は、外装色に 「ダイヤモンドホワイト」と「グラファイトグレー」を採用。また、専用ポリッシュ/マットブラックペイント21インチAMGクロススポークホイール(鍛造)を装着する。

エクステリアには、空力をさらに強化する「エアロダイナミックパッケージ」を採用し、フロントには追加のフリックの装着および大型の専用フロントスポイラーリップにより気流とフロントアクスルのダウンフォースをさらに改善する。リアには手動で角度が調整可能な固定の「アジャスタブルリアウイングスポイラー」と大型の専用リアディフューザーが装着され、空気抵抗値を保ったまま、リアアクスルに働くダウンフォースを高める。

インテリアは、イエローステッチの入った、マグマグレーとブラックのツートンナッパレザー(フルレザー仕様)、専用のイエローステッチ入りのフロアマット、イエローシートベルト及び専用の「AMGマットカーボンファイバーインテリアトリム」を採用するほか、ステアリング ホイールにはイエローのセンターマーキングと専用のバッジが施され、ドライバーの高揚感を演出する。

価格はGT43が1176万円、GT53が1593万円、GT63Sが2353万円、GT63Sエディション1が2477万円。

カエルナラトップページに戻る