BMW i3、新型バッテリー(120Ah)搭載車を発売

news

20190206-BMW

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型バッテリーを搭載し、最大航続距離466kmを実現した電気自動車『i3新型バッテリー(120Ah)』を、全国のBMW正規ディーラーにて、2月6日より販売を開始する。

BMW i3は、「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」の電気自動車として、2014年4月に発売された。「設計から生産、販売に至るまで持続可能なモビリティを実現する」というコンセプトのもと、量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用するなど、徹底的な軽量化をはじめとした革新的な手法を様々採用している。

i3新型バッテリー(120Ah)は、約30%容量が拡大した新型リチウムイオンバッテリーを搭載し、総電力量は33kWhから42kWhに増加している。そして、一回の充電走行可能距離は、新燃料消費率基準であるWLTCモードで360km、さらにレンジエクステンダー装備車では466kmを達成し、都市型モビリティとしての実用性をより高めたモデルとなっている。そして、電気モーターによる後輪駆動式を採用し、最大出力170ps、最大トルク250Nmを発揮するとともに、時速100kmまで7.3秒で加速するなど、BMWらしいスポーティーな走りを実現している。

価格はi3が543万円、i3 レンジエクステンダー装備車が592万円。

カエルナラトップページに戻る