ランドローバー、特別仕様車「ディスカバリー スポーツ ランドマーク+」受注開始

news

20190201-landrover

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、コンパクトSUV『ディスカバリー スポーツ』の特別仕様車「ランドマークプラス+」を2月1日より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始した。

ディスカバリー スポーツ ランドマークプラス+は、INGENIUM 2.0リットル直列4気筒ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(最高出力180ps・最大トルク430Nm)を搭載した2019年モデル限定グレード「ランドマークエディション」をベースにした特別仕様車。エマージェンシーブレーキやアダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付)、ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクションなどのドライバー支援システムを充実させている。

エクステリアカラーはナルヴィックブラック(限定25台)、コリスグレイ(限定15台)、ユーロンホワイト(限定60台)の3色を用意。カルパチアングレイのコントラストルーフがダイナミックなデザインをより際立たせている。インテリアには上質なグレインレザーシートを装備し、さらにパワージェスチャーテールゲートやシートヒーターなど人気の高いオプション(約70万円相当)を追加しながら価格は599万9000円と608万7000円に設定した。ディスカバリー スポーツの優れた多用途性に、快適性や利便性、安全性をプラスした一台に仕上げている。

カエルナラトップページに戻る