新型BMW 3シリーズ 発表、新世代デザインを採用 走行性能も大幅向上

news

P90323669-highRes

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型『3シリーズ』のプレオーダーの受付を1月30日より開始し、全国のBMW正規ディーラーで3月9日より販売を開始すると発表した。

新型3シリーズは、スポーティで精密なプレスラインや象徴的なキドニーグリルなどを継承しつつ、新世代のBMWデザインコンセプトを採用することで、より洗練されたスタイルに進化している。キドニーグリルは、従来の2パーツに分かれたデザインから、1つのフレームで縁取られ、かつ、より立体的な造形となることで、水平方向への広がりを表現するとともに、低重心でアグレッシブなデザインとなった。ヘッドライトは、下辺部の中央に鋭角の切り欠きを入れることで、印象的なフロントデザインとなっている。サイドウィンドウ後端部のホフマイスター・キンクとして知られるピラー形状は、Cピラーに一体化されたデザインとなり、快適な乗降性を維持しながらも、サイドウィンドウの流線形が強調され伸びやかなスタイリングとなった。

内装には、新型『8シリーズ』から導入された新しい表示・操作コンセプト「BMWオペレーティングシステム7.0」を採用したBMWライブコックピットを全車に標準装着した。タッチ操作機能を備えた大型コントロールディスプレイと、洗練されたデザインのフルデジタルメーターパネルが、ドライバーの操作性を最優先とする、機能的な空間を作り出している。

機能装備面でも、日本初導入となる高性能3眼カメラを使用した最新の運転支援システムを「320iスタンダード」以上の量産グレード全車に標準装備するなど、最先端の技術を積極的に採用している。高性能3眼カメラシステムは、長距離、中距離、周辺監視と個々のカメラに役割を特化させることで、より正確なレーンキーピング性能と、より離れた場所の危険予測や、広い視野での危険予測が可能となった。同じく国内販売モデルとして初採用された、毎秒2兆5000億回の演算能力を持つ画像処理プロセッサーを搭載することで、膨大な視覚情報に加え、レーダーによる正確な距離計測情報を統合して瞬時に処理し、より正確かつ素早い運転支援が可能となっている。

さらに、BMW初となる、AIを活用した新開発のBMWインテリジェントパーソナルアシスタントを随時導入する。これは、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となる機能であり、今までの音声入力と異なり、より自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にする。最大の特徴は、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることが可能な点。例えば、BMWインテリジェントパーソナルアシスタントを起動する際、「OK,BMW」だけでなく、「サンニーマル」と呼びかける言葉を任意に設定することが可能なため、より身近な存在としてストレス無く使用できる。

新型3シリーズは、走行性能も大幅に向上している。ベースとなるのは、40mm拡大し2850mmとなったホイールベースと、フロントが43 mm、リアが21mmと大幅に拡大したトレッドによる絶妙なボディバランス、剛性が高く安定したボディと、10mm重心が下がったシャシー構造。さらに、約55kgの軽量化が加わり、よりダイナミックかつ快適な走りを実現している。そして、全体のボディサイズも先代モデルより全長が70mm増えて4715mmに、全幅は25mm増えて1825mmとなり、新型3シリーズに伸びやかかつ力強いフォルムをもたらしている。

価格は452万円から632万円。

カエルナラトップページに戻る