VW ポロ、新グレード「TSI R-Line」を追加

news

00014998

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、コンパクトカー『ポロ』に新エンジン「1.5 TSI Evo」を日本初採用した新グレード「TSI R-Line」を追加し、1月29日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて発売する。ボディカラーは全4色。価格(税込)は298万円。

昨年導入した新型ポロは発売以降、MQBモジュール採用によるクラストップレベルの高い居住性や安全性が高評価を得ている。今回、TSIエンジンをさらにパワーアップさせ、かつスポーティなスタイリングを纏った上級仕様の「TSI R-Line」を追加導入し、バランスのとれたエンジンバリエーションをポロシリーズで実現した。

ポロTSI R-Lineに搭載されるエンジンは、日本初採用の新エンジン「1.5TSI Evo」。フォルクスワーゲンのエンジンシリーズEA211型TSIエンジンをベースに新開発したこのエンジンは、ターボチャージャー付4気筒ガソリン過給エンジンで、気筒休止機能のアクティブシリンダーマネージメント「ACT」と効率的なコモンレール直噴技術を採用し、最高出力150ps、最大トルク250Nmを生み出す。トランスミッションは7速DSGを採用し、パワフルな走りを体感できる。

エクステリアは、R-Lineパッケージを日本向けポロに初採用。専用17インチアルミホイールやツインエキゾーストフィニッシャーでドレスアップしたスタイリングに加え、エアロパーツのリップスポイラーやリヤスポイラー、ブラックサイドスカートなどスポーティさを強調している。

インテリアはTSIハイライン同様に、有償オプションカラーのリーフブルーメタリックもしくはエナジェティックオレンジメタリックをボディカラーに選んだ場合、ダッシュパッド及びセンターコンソールがボディカラーと同色になる。また、シートファブリックにもボディカラーと同色のラインがデザインされる。

カエルナラトップページに戻る