限定車「ジープ グランドチェロキー Sモデル」を発売

news

JP_1FAIR_WK_s_black_front

FCAジャパンは、ジープのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」に、限定車「Sモデル」を設定し、2019年1月12日から、全国のジープ正規販売店を通じて120台限定で販売する。

限定車のモデル名であるSモデルの「S」は、グランドチェロキーシリーズの上級モデル「Summit(サミット)」、ならびに高性能モデル「SRT8」の頭文字に由来している。各モデルの特徴的なデザイン要素を採り入れるとともに、充実した装備を兼ね備えた質感の高いモデルとなっている。

フロントフェイスには、サミットの特徴である3分割タイプのロアグリルやアクセント付きのフォグライトベゼルを備えたボディ同色フロントバンパーを採用。さらに、ブランドバッジなど随所に施されたグラナイトクリスタルカラーのエクステリアパーツや、SRT8と共有デザインとなるブラックルーフレールを装備し、より洗練されたスタイリングを実現している。

限定車は、本国で「リミテッド」と「サミット」の中間に位置する日本未導入モデル「オーバーランド」をベースとして採用している。20インチアルミホイールやナッパレザーとスエードを組み合わせた上質なシート、レザー仕立てのインストルメントパネルおよびレザードアパネル、レザーセンターアームレスト、ブラックウッドを用いたインテリアアクセントなど、数々の装備によりプレミアムな雰囲気を演出している。

また、前席および後席の開放感を高めるデュアルペインパノラミックサンルーフが特別装備されており、すべての乗員がくつろげる室内空間となっている。

ボディカラーは「ダイアモンドブラッククリスタルP/C」(限定70台)、「ブライトホワイトC/C」(同40台)、通常はSRT8専用色となる「ヴェルヴェットレッドP/C」(同10台)の計3色から選択可能。

充実した装備でありながら、価格はリミテッドに対して10万円高の620万円と魅力的な限定車となっている。

カエルナラトップページに戻る