フィアット 500S Manuale、50台限定のスポーティモデル

news, newsita

500S_main2

FCAジャパンは、「フィアット500」の限定車「500S Manuale(マヌアーレ)」を、2019年1月12日から、全国のフィアット正規ディーラーを通じて100台限定で販売する。

限定車は、イタリア語で“自ら操る”を意味する「Manuale」という車名が示す通り、コンパクトできびきびと走るチンクエチェントならではの個性に、スポーティな雰囲気を付加したモデルとなっている。

500S マヌアーレは、85psの高出力と独特のエンジンフィールを特徴とする2気筒ターボ“TwinAir”エンジン搭載車がベースで、マニュアルトランスミッションの採用により、エンジンの鼓動を満喫しながら、自らシフトを操って楽しむこのとできるスポーティなモデルに仕上がっている。

エクステリアは、標準モデルとは異なるスポーティな雰囲気が漂うフロント/リアバンパー、およびサイドスカート、リアルーフスポイラーのほか、サテングレー仕上げのエクステリアパーツ、クローム仕上げのエキゾーストパイプフィニッシャー、ダークグレーのアルミホイールなどの採用により、軽快な走りを予感させるスタイルに仕上がっている。

インテリアには、レザースポーツステアリングホイールや専用シフトノブ、 専用デザインのファブリックシートなどを装備しており、スタイリッシュなデザインに加え、手ざわり感にもこだわった、スポーティモデルらしい仕上がりとなっている。

価格は241万円。

カエルナラトップページに戻る