ジャガー F-PACE、2019年モデルの受注開始 コネクティビティ機能と安全性強化

news

Jaguar_F-PACE_19MY_01

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのSUVモデル『F-PACE』2019年モデルの受注を12月19日より開始した。

2019年モデルでは、「プロテクト」「リモートプレミアム」「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」など、スマートフォンと連動するコネクティビティ機能を全グレードに標準装備。さらに、意図せず車線から逸脱しそうになると、自動的にステアリングを制御して車を車線内に戻すドライバー支援システム「レーン・キープ・アシスト(LKA)」も全グレードに標準装備とし、利便性と安全性を高めた。

また、従来オプション装備だったスエードクロスヘッドライニングを全グレードに標準装備とするなど、インテリアのアップグレードも行っている。

そして、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手がけた「F-PACE」史上最も速く、最もパワフルなハイパフォーマンス・グレード「SVR」を追加し、ラインアップは全14機種となった。

F-PACE SVRは、最高出力550ps、最大トルク680Nmを発揮する5.0リットルV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンを搭載し、最高速度283km/h、0-100km/h加速は4.3秒を誇るハイパフォーマンス・モデル。トラクションとダイナミクスを最適化するリアエレクトロニックアクティブディファレンシャル(EAD)をF-PACEとして初搭載し、SVR専用にトランスミッションやアダプティブダイナミクスなどの駆動システムを最適化したほか、エアロダイナミクスや冷却性能、高速走行安定性に寄与する専用パーツを多数装備している。

価格は664万円から1001万円。SVRは1272万円。

カエルナラトップページに戻る