プジョー 2008、グリップコントロールなどを追加した「クロスシティ」を発売

news

20181218-PEUGEOT

プジョー・シトロエン・ジャポンは、12月18日よりプジョーブランドのコンパクトSUV『2008』の特別仕様車「2008クロスシティ」の発売を開始した。

2008は、今年に入り「GTライン ブラック & ホワイトエディション」や基本装備のアップグレードなど、デザイン性、利便性を強化した限定車を続けて投入し、好調なセールスを記録。価格面でも輸入車のみならず国産SUVとも比較検討されるため、さらなる魅力の付加が欠かせない。

今回発売する2008クロスシティは、2017年10月に投入し好評を得た、悪路走破性に優れるグリップコントロールや、4シーズンタイヤなど人気装備と価格はそのままに、さらにバックアイカメラなどを追加して市場に提供する。このクロスシティの名は、プジョーSUVラインナップの定番商品となっており、「3008クロスシティ」「5000クロスシティ」に続くものとなっている。

2008クロスシティは、アルカンタラシート&ヒーター、バックアイカメラ&ソナー、アクティブセーフティブレーキ、グリップコントロールなどの上級装備を備えつつ、269万9000円と価格を抑え、国内外コンパクトSUVの中でも装備価格のバランスにおいて魅力ある一台となっている。

なお、ボディカラーはアルタンス・グレー、パール・ホワイト、アルティメット・レッド、エメラルド・クリスタル、ビアンカ・ホワイトの5色展開となる。

カエルナラトップページに戻る