プジョー 308、新1.5ℓクリーンディーゼルを搭載

news

181217_308NewLineUps_01

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー主力モデルの一つ、『308』に新型エンジン、8速オートマチック、アクティブクルーズコントロールなどを追加導入した新ラインナップを発表、12月17日より発売する。

今回、国内でも2016年11月のデビュー以来、クリーンディーゼル搭載モデルとして高い評価を得ているBlueHDiに、新開発1.5リットルクリーンディーゼルエンジン(DV5)と定評の新世代電子制御8速オートマチックEAT8を搭載し、さらに運転支援機能やアクティブクルーズコントロールを特別仕様車に標準装備した。

今回搭載される1.5リットルクリーンディーゼルエンジンは、今後のグループPSAのディーゼル戦略の中心となる新開発エンジン。従来の1.6リットル(DV6)に比べ、ダウンサイジング化したにも係わらず、従来比+10psの最高出力130psを誇り、低回転から高回転域まで全域で従来型エンジンを上回るパワー/トルクを発揮する。さらに燃費はJC08モードにて「308 アリュール BlueHDi」で従来型比+15.7%の24.3km/リットル(従来型は21.0km/リットル)など、大幅な向上を実現している。また、現状の排ガス規制(EURO6.2)をクリアし、今後のより厳しい規制にも対応できるポテンシャルを持つ。これら性能向上には、シリンダーヘッドの完全新設計や2009年ル・マン24時間を制覇した「プジョー908 HDi FAP」の設計を反映させた燃焼室形状、フリクション軽減のための各部DLC(ダイヤモンドライクコーティング)処理、2000バールの新インジェクション、新排気浄化システムSCRFなどの採用が寄与している。

また、ガソリンエンジンも欧州での新しい規制、EURO6.2に対応するために各部の改良を施している。新インジェクションシステムを採用し、250barの高圧燃料噴射ポンプや2つのセンサー、そしてガソリン専用GFP(Gasoline Particle Filter)を搭載、さらにターボチャージャーの制御を電子制御式に変更するなど、その改良項目は多岐に渡る。

トランスミッションは先に「308 GT BlueHDi」に採用していた新世代電子制御8速オートマチックEAT8を新たに搭載している。これをもってプジョー308は全車8速オートマチックトランスミッション&パドルシフト付きとなった(GTiを除く)。このトランスミッション搭載モデルでは3つのドライブモードを選択可能。「エコモード」は、エアコンの最適化、フリーホイール機能により燃費走行に貢献する。「通常モード」はシフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化。「スポーツモード」は、シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更を実現する。

その他、市場ニーズの高いアクティブクルーズコントロールを全車標準装備し、プジョーミラースクリーン(Apple CarPlay対応)を搭載する。

また、新エンジン導入特別仕様車として「308 GTライン」を設定し、販売する。特別仕様車はチェッカータイプフロントグリル&リアアンダーガーニッシュや17インチアロイホイール、GTライン エクステリア(サイドスカート)&レッドステッチ・インテリア(革巻小径スポーツステアリング/シート/ドアトリム/アームレスト/フロアマット)を装備。さらに、アクティブクルーズコントロール、アクティブセーフティブレーキやアクティブブラインドスポットモニターシステム、パークアシストなど、安全装備も充実させた。

価格はディーゼルモデルが304万9000円から354万7000円。ガソリンモデルは283万9000円から308万9000円。

カエルナラトップページに戻る