アルファロメオ 4Cコンペティツィオーネ/4Cスパイダー イタリア、数量限定で導入

news, newsita

7_4C_ITALIA

FCAジャパンは、アルファロメオの本格2シータースポーツ『4C』『4Cスパイダー』に、専用ボディカラーなどを採用した限定車「4Cコンペティツィオーネ」と「4Cスパイダー イタリア」を設定し、11月21日から先行予約受付を開始した。

4Cは、アルファロメオ108年の歴史の中で受け継いできた軽量化設計の思想を、最先端の技術を駆使して具現化したピュアスポーツクーペおよびオープンカー。F1マシンにインスピレーションを受けて設計された4Cのボディには、カーボンファイバー製パッセンジャーセルやアルミニウムサブフレームなど軽量素材を随所に施し、車両重量はわずか1050kg(4Cスパイダーは1060kg)に収められている。この軽量ボディと最高出力240psを生み出す4気筒1750cc直噴ターボエンジンとが相まって、0-100km/h加速はわずか4.5秒(欧州仕様参考値)。さらにバネ下重量の軽減により、俊敏かつ軽快な操縦安定性を実現している。

2台の限定車は、2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された。今回、その導入が日本初め世界各地で開始となる一方で、極少量の限定生産に留まるため、すでに希少価値の高いモデルとなっている。

4Cコンペティツィオーネは専用フロントバンパーやカーボン製のルーフパネルおよびリアスポイラー、ヴェスヴィオグレーマットの専用ボディカラーを採用。4Cスパイダー イタリアは、ピアノブラック仕上げのエアインテークやリアディフューザー、ミザーノブルーメタリックの専用ボディカラーを採用し、標準モデルに対して差別化している。

またインテリアには、スポーツレザーステアリングやレザーアルカンターラシート、レザーまたはアルミニウムの加飾パネルなど、上質な素材が随所に採用されている。さらにセンターコンソールには、シリアルナンバー入りの専用バッジが各車両に付されている。

日本市場向けには、4Cコンペティツィオーネ25台、4Cスパイダー イタリア15台を導入。両モデルとも左ハンドル車と右ハンドル車を用意する。価格はともに1110万円。

カエルナラトップページに戻る