DS3 にネオヴィンテージな限定モデル「カフェレーサースタイル」登場

news

20181003-DS

プジョー・シトロエン・ジャポンは10月3日、DSオートモビルのコンパクトカー『DS3』にカフェレーサーをモチーフとしたカスタマイズを施した「DS3 カフェレーサー」を発表し、20台限定で全国のDSストア、DSサロン、DSアーバン東京にて販売を開始する。

今回日本市場に投入したDS3 カフェレーサーは、よりワイルドなテイストを強調したカスタマイズモデルとして、マットブラックに処理したDSウィングのグリル、ルーフトップやDS3を特徴づけるサイドのシャークフィンに施されたグラフィック、ナッパレザーのウォッチストラップシートなどを誂えた特別仕様となっている。

DS3 カフェレーサーの最大の魅力は、ネオ・ヴィンテージ感溢れるグラフィックの数々。ルーフトップにはDSオートモビルの祖であるDSが生まれた年「1955」を示すローマ数字「MCMLV(M=1000、CM=900、L=50、V=5)」とヴィンテージ風にデザインしたDSの文字、車名からとった「3」の周りにはWRCでの勝利を象徴する栄光の月桂冠、さらにカフェレーサー発祥の地であるエースカフェのロゴのクローバーなどをあしらっている。また、DS3 ならではのドアのシャークフィンにも月桂冠と「3」の文字をあしらった。これらカフェレーサーのスタイルを現代流に再解釈したグラフィックを手がけたのは、ボルドー在住のタイポグラフィ・グラフィックアーティスト、ブルーノ・ミショー氏だ。

DS3 カフェレーサーはインテリアもまたスペシャルな誂えを施した。シートはDSオートモビルのシグネチャーでもあるウォッチストラップをモチーフとしたナッパレザーのシート。そこにヴィンテージを想起させるクレームパルテノンのダッシュボードカラーとブルーノ・ミショーのグラフィックが特別感を無言のうちに示している。

フロントグリルを形作るDSオートモビルの象徴、DSウィングは、このモデルだけのマットブラック塗装にカスタマイズしている。同様にボディサイドモールもまたクロームからマットブラックとし、ワイルドなテイストをプラス。ドアミラーカバーとドアハンドル、17インチアロイホイールはブラックとディテールにまで拘ったカラーコーディネイトとしている。

価格は305万円。ブルーノ・ミショー氏がデザインしたシルクスカーフとポケットチーフが付属する。

カエルナラトップページに戻る