BMW X4、初のフルモデルチェンジ 764万円から

news

P90291911_highRes_the-new-bmw-x4-m40d- (2)

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、2014年に登場したミドルクラスSUVの新型モデルである、新型BMW『X4』を、全国のBMW正規ディーラーで9月6日より販売を開始する。

新型X4は、先代モデルから、ホイールベースを55mm延長することで、クーペラインの優雅さを際立たせると共に、大型化したキドニーグリルと深く刻まれた優雅で彫刻のようなプレスラインにより、低重心で存在感のあるスタイリングへと一新した。特に、リヤのデザインは、新型X4専用に設計された細長く立体的なLEDリヤライトに、大胆かつ力強く彫り込まれたテールゲート、両サイドに装備されたリヤエキゾーストテールパイプにより、パワフルなデザインとなっている。

内装は、より上質なインテリアを備えることで、ラグジュアリーな空間を実現している。マット感のあるガルバニック加工が施されたボタンは、洗練された見た目だけでなく触り心地まで上質さにこだわり、センサテックダッシュボードと共に高級感を演出している。さらに、より柔軟に体を包み込むヴァーネスカレザー仕様のスポーツシートを採用することで、悪路でも疲れにくく快適な座り心地を実現する。

新型X4は、3.0リットル直列6気筒ガソリンエンジン搭載の「X4 M40i」および2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン搭載の「X4 xDrive30i」という力強い組合せでラインアップする。特にX4 M40iは、サーキット走行を想定したBMW Mモデルと、実用性の高さをより重視したBMWモデルの中間に位置付けられ、高いスポーツ走行性能と実用性を兼ね備えたMパフォーマンスモデルだ。最高出力360ps、最大トルク500Nmを発揮し、0-100km/h加速は4.8秒を実現している。

新型X4に搭載された、ドライビングアシストプラスは、BMW最新の安全機能・運転支援システムだ。ルームミラー内にステレオカメラを内蔵し、さらに、ミリ波レーダーセンサーを前方に3基、後方に2基装備することにより、日常走行域での急停止や飛び出し等を瞬時に判断し警告すると共に、夜間や悪天候下でも安定して検知し警告し、安全をサポートしている。また、高速走行時や渋滞時に安定した走行を継続しやすいようにサポートする機能も装備され、安全性と利便性を向上させている。

価格はX4 xDrive30iが764万円、X4 xDrive30i Mスポーツが814万円、X4 M40iが977万円。

カエルナラトップページに戻る