メルセデスAMG 53シリーズ発表、ISGと電動スーパーチャージャー搭載 1202万円より

news

e53sedan-frontrgb

メルセデス・ベンツ日本は、『メルセデスAMG 53シリーズ』を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、9月6日より注文受付を開始した。納車は9月以降を予定(Eクラスセダン/ステーションワゴンは9月、CLSは10月、Eクラスクーペ/カブリオレは11月を予定)。

メルセデスAMG 53シリーズは、直列6気筒エンジンにISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48V電気システムおよび電動スーパーチャージャーを組み合わせたほか、パフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を採用。優れた走行性能と快適性能を両立したトータルバランスに優れたモデルだ。

ISGはエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力16kW 、最大トルク250Nmを発生する電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねる。この電気モーターと「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と、力強い加速を実現する。

メルセデスAMG 53シリーズに搭載される新型「M256」エンジンは、電化を前提にして設計された初めてのパワーユニットで、『S450』に搭載されるエンジンに大型のターボを組み合わせることにより、単体で最高出力435ps、最大トルク520Nmを発生する(S450比 最高出力+68ps、最大トルク+20Nm)。また、排気によるターボチャージャーが効果を出しづらい、低回転域で過給を行う「電動スーパーチャージャー」を搭載し、ターボラグを解消する。電動スーパーチャージャーとISGによる動力補助および排気ターボチャージャーとの組み合わせで、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを実現している。

また、高性能エンジンのパワーを四輪に最適配分するメルセデスAMGが開発した新しい四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を搭載している。前後トルク配分が50(前):50(後)から0(前):100(後)の範囲で可変トルク配分を行うことで、ハイパワーを四輪へ最適に配分。発進時はもちろん高速走行、ハイスピードコーナリング、そしてコーナーの立ち上がり加速などにおいて絶対的な安定性を誇り、思いのままのドライビングを楽しむことができる。

「AMGライドコントロール+」は、高いアジリティやニュートラルなコーナリング特性、優れたトラクションを可能にするシステム。特にスポーティなスプリング/ダンパー設定と連続可変ダンパーの「ADS+(アダプティブダンピング システム)」を採用したマルチチャンバー型エアサスペンションで、卓越したドライビングダイナミクスと優れた快適性を同時に実現する。

フロントデザインはモデルにより異なり、フロントグリルにはEクラスセダンおよびステーションワゴンはダイヤモンドグリル、EクラスクーペおよびカブリオレとCLSにはスポーティなシルバークロームのツインブレードフロントグリルを採用する。リアには、ボディ同色のトランクリッドスポイラーリップが装着され、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドにより、スポーティでダイナミックなデザインとなっている。

インテリアでは、メルセデスAMG最新世代で、Eクラス、Sクラスの63シリーズにも採用されている「AMGパフォーマンスステアリングホイール」を採用する。上質かつスポーティなデザインで、ステアリングから手を放さずに、ナビゲーションの操作や車両の設定などが行える、「タッチコントロールボタン」や、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を操作するスイッチも備え、操作性の向上にも寄与する。2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイは、空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調する中心要素となっている。

価格は1202万円から1274万円。

カエルナラトップページに戻る