アウディ A7スポーツバック、7年ぶりのフルチェン…988万円より

news

067_Photo01_the_new_Audi_A7SB_55_TFSI_quattro_S_line_large

アウディジャパンは、アウディのプレミアムスポーツ4ドアクーペ『A7スポーツバック』を7年ぶりにフルモデルチェンジし、9月6日より、全国のアウディ正規販売店を通じて販売を開始する。

新型A7スポーツバックは、先代モデルで好評を得た流麗な4ドアクーペスタイルを、最新のデザイン言語に基づいてよりダイナミックに一新。インテリアには最新のデジタル技術とタッチディスプレイを全面的に採用したMMIタッチレスポンスを新たに開発し、デジタル時代にふさわしいインフォテイメントシステムを搭載した。自動運転関連技術では、レーザースキャナーを含む最大23個ものセンサーやカメラの統合制御による高度な運転支援システムを搭載するなど、安全性と快適性を大幅に向上している。

パワートレインでは、高効率なV6 3リットルガソリンエンジンと最新のクアトロ(4輪駆動)システムの採用により、スポーティな走行性能と低燃費を両立。さらに新型A8と同様に48V電装シスムを主電源とするマイルドハイブリッドドライブシステムを搭載し、高効率なエネルギー回生や低負荷時にエンジンを停止することで、100km走行あたり最大0.7リットルの燃料消費を低減している。

価格はA7スポーツバック 55 TFSIクアトロ デビューパッケージが988万円、A7スポーツバック 55 TFSIクアトロ S-ラインが1066万円。

また導入にあたり、エクステンデッドレザーのインテリア、バング&オルフセンサウンドシステム、ダイナミックオールホイールステアリング(四輪操舵システム)、ダンピングコントロールサスペンションなどのハイグレードな装備を満載した2種類の限定車、「A7スポーツバック 55 TFSIクアトロ 1stエディション」と「A7スポーツバック 55 TFSIクアトロ S-ライン 1stエディション」をそれぞれ1058万円、1161万円で、合計250台発売する。

カエルナラトップページに戻る