メルセデス・マイバッハ Sクラス、一部改良 新フロントグリルや新色採用など

news

20180827-mercedes008

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・マイバッハ Sクラス」を一部改良し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて8月27日より発売する。

「マイバッハ」は、1920年代から美しいスタイルと贅を尽くした高級感で人々を魅了した伝説の名車。それが、メルセデスベンツブランドの傘下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する威厳と風格を備えたブランドとしてまったく新しく生まれ変わったのが「メルセデス・マイバッハ」。メルセデスベンツによる最新鋭のテクノロジーを備え、ゆったりとした室内空間にプレステージ感あふれるデザインとクラフトマンシップにより仕上げられた高級素材を随所に採用した、新しい高級車の形だ。

今回の一部改良では、縦方向に走るルーバーが特徴の新フロントグリルを採用。ピンストライプのスーツからインスピレーションを受けたもので、2002年に発表された「マイバッハ」ともイメージを共有するデザインとなっており、風格と威厳を強調する。また、新たに重厚感のある輝きを放つ鏡面仕上げの20インチ鍛造アルミホイールをオプション装備として設定した。

外装色には過去の「マイバッハ」モデルでも採用されていたツートーンが9種類追加され、シングルトーンを含めて、19色から選択可能となった。また、「メルセデス・マイバッハ S650」には、流れるような印象的なラインがインテリアウッドトリムに加えられる「designoブラウンマグノリアウッドフローイングライン」と「designoピアノラッカーウッドフローイングライン」がオプション装備として新たに追加される。

価格はS560およびS560 4MATICが2308万円、S650は2821万円。

カエルナラトップページに戻る