メルセデス Eクラス一部改良、E450 4MATICを導入

news

20180822-mercedes004

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『Eクラス』に、V6エンジンの最高出力を向上した「E450 4MATIC」を導入するとともに、一部モデルの装備内容、デザインを変更し、8月22日より販売を開始した。

今回の一部改良では、従来の「E400 4MATIC」で採用されていた、V6 3.5リットルのM276エンジンを3.0リットルに変更し、最高出力を34ps、最大トルクを20Nm向上し、最高出力367ps、最大トルク500Nmとした。またステアリングはメルセデスベンツ最新世代の上質かつスポーティなデザインを採用している。さらに、ステアリングから手を放さずに、ナビゲーションの操作や車両の設定などを行うことができる「タッチコントロールボタン」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を操作するスイッチを備え、操作性の向上にも寄与する。

セダン/ステーションワゴンでは、「E200アバンギャルド 」、「E200 4MATIC アバンギャルド」、「E220dアバンギャルド」、「E250アバンギャルド スポーツ」および「E350eアバンギャルド スポーツ」に従来はオプション設定だった本革シートを標準装備とした。これにより、Eクラスは全モデルで本革シートが標準装備となり、さらに上質な印象を高めている。また「E450 4MATIC エクスクルーシブ」には、新たに空力を考慮した「18インチ5スポークアルミホイール」を採用している。

クーペ/カブリオレでは、「イルミネーテッドエアアウトレット(前席)」を採用。新型『CLS』から採用されるイルミネーテッドエアアウトレットは、スポーティな雰囲気を醸し出す、タービンエンジンをイメージしたフォルムの送風口で、全体がシルバーシャドー仕上げとなっているほか、64色から選択可能なイルミネーションが送風口の内側に仕込まれており、未来的な雰囲気を創り出す。また、エアコンディショナーの温度を上げる操作を行った場合には、アンビエントライトが赤く、温度を下げる操作を行った場合には、青く光るなど、操作内容が直感的に感じられる機能も備えている。

価格はセダンが701万円から1805万円、ステーションワゴンが738万円から1858万円、クーペ/カブリオレが700万円から1141万円。

カエルナラトップページに戻る